【2019・東京】初詣の穴場スポット22選!混雑が苦手なあなたに

じゃらんnews

2019/11/8 14:50


東京

2019年は平成最後のお正月。いつもと違う場所へ初詣に行きたいけど、混雑している場所は苦手…。そんな人におすすめ!東京で穴場の神社・お寺をご紹介します!観光も兼ねて一味違った空気の中でじっくりとお参りし、気持ちの良い新年をスタートさせよう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
乗蓮寺【板橋区】
乗蓮寺出典:じゃらん 観光ガイド 乗蓮寺
寺は室町時代からのもの。昭和52年完成の高さ13mの東京大仏がある。

\口コミ ピックアップ/
奈良や鎌倉の大仏に比べると認知度が低いようですが、実は東京大仏というものもあります。
鎌倉の大仏より一回り小さいですが、迫力がありとても綺麗でした!
最寄駅は副都心線、東武線の赤塚駅になります。駅から少々歩きますが、オススメです!
(行った時期:2016年2月4日)

毎年初詣に行っています。
ベビーカーは、階段下までで境内は使用不可なので、抱っこひもなど持参された方が安心です。
近くの駐車場に屋台が出るので、お祭り?気分も味わえます。
(行った時期:2016年1月)
乗蓮寺
住所/東京都板橋区赤塚5-28-3
「乗蓮寺」の詳細はこちら
小網神社【中央区】
小網神社出典:じゃらん 観光ガイド 小網神社
強運・商売繁盛・東京銭洗い弁天・疫病鎮静の神として古くから信仰を集めてきた。
毎年5月松の大祭には神社大神輿が出てにぎわい、11月末のどぶろく祭りも有名。
社殿・神楽殿は区民有形文化財にも指定されています。

詳しくはホームページをご覧ください。

\口コミ ピックアップ/
ビルとビルのあいだにひっそりとたたずむ日本橋七福神の中のひとつです。
年始は七福神めぐりをしている方が結構いらっしゃいました。
(行った時期:2017年1月)
小網神社
住所/東京都中央区日本橋小網町16-23
「小網神社」の詳細はこちら
八雲氷川神社【目黒区】
八雲氷川神社出典:じゃらん 観光ガイド 八雲氷川神社
\口コミ ピックアップ/
近所なので初詣、お宮参りなどで伺っております。
最寄駅の都立大学駅から徒歩7,8分ほどの場所にあります。
緑が多く涼しさを感じます。夏祭りはとっても賑わいます
(行った時期:2016年1月3日)
八雲氷川神社
住所/東京都目黒区八雲2-4-16
「八雲氷川神社」の詳細はこちら
瀧泉寺(目黒不動尊)【目黒区】
瀧泉寺(目黒不動尊)出典:じゃらん 観光ガイド 瀧泉寺(目黒不動尊)
天台3代目座主、慈覚大師が9世紀に創建したと伝えられる江戸五色不動の一つ。また、湯島天神、谷中の感応寺(現在の天王寺)と並んで江戸の三富と呼ばれました。
行者が水ごりする独鈷の瀧があります。慈覚大師が独鈷と呼ばれる仏具を投げたところ、泉が湧き出したと言われており、今も涸れることなく湧き水が出続けています。

\口コミ ピックアップ/
一般には、目黒不動(目黒不動尊)の通称で呼ばれているそうです。さつまいもの栽培を普及させた、青木昆陽さんのお墓がある事でも知られているようです。広い境内では見所がたくさんあり、ゆっくりと参拝させて頂きました。
(行った時期:2018年2月7日)

目黒不動尊はとても有名です。
ですが、激混みということはなく、静かでとても居心地も良いです。
近くには有名なお店もあり、お団子を食べながら帰ることも。
下町感があり、おすすめです。
(行った時期:2017年1月)
瀧泉寺(目黒不動尊)
住所/東京都目黒区下目黒3-20-26
「瀧泉寺(目黒不動尊)」の詳細はこちら
本龍院(待乳山聖天)【台東区】
本龍院(待乳山聖天)出典:じゃらん 観光ガイド 本龍院(待乳山聖天)
待乳山聖天(本龍院)は、衆生の迷いを救い、願いを叶えてくれる霊験あらたかな大聖歓喜天様を供養する浴油祈祷が毎朝修されています。境内各所に印されている「大根と巾着」の意匠は、大根は健康と一家和合・良縁成就、巾着は財宝で商売繁盛等の功徳を表しています。浅草名所七福神の毘沙門天です。1月7日大根まつり、9月20日聖天まつりがあります。

\口コミ ピックアップ/
浅草七福神の御朱印集めに行ってきました。
浅草寺は人であふれていましたが、こちらは10分ほど並べばお参りできるくらいの混み様。
スカイツリーも近くに見え、そばに公園もありご近所さんが子供連れできており、ほのぼのとした優しい気分になれました。
(行った時期:2018年1月2日)

1/7は大根まつりが開催されており、非常に活気がありました。お参り後にお神酒とふろふき大根をいただきました。浅草寺と比べて観光客は少なく、地元の方がお参りされていた印象です。
(行った時期:2017年1月)
本龍院(待乳山聖天)
住所/東京都台東区浅草7丁目4-1
「本龍院(待乳山聖天)」の詳細はこちら
善国寺【新宿区】
善国寺出典:じゃらん 観光ガイド 善国寺
江戸時代後期に神楽坂に移転した。江戸城に祀られていたという毘沙門天像を安置し、神楽坂の毘沙門様といわれ多くの参詣客を集める。

\口コミ ピックアップ/
飯田橋からずっと神楽坂をのぼって行った先にあるのがこのお寺。
神楽坂の毘沙門天という名前かと思っていましたが、正式には善国寺というそうです。
芝正伝寺・浅草正法寺とともに江戸三毘沙門と呼ばれているそうです。
敷地は狭いですが、神楽坂にお立ち寄りの際はぜひ参拝しましょう。
(行った時期:2017年1月)
善国寺
住所/東京都新宿区神楽坂5-36
「善国寺」の詳細はこちら
代々木八幡宮【渋谷区】
代々木八幡宮出典:じゃらん 観光ガイド 代々木八幡宮
\口コミ ピックアップ/
縄文の遺跡が残る歴史豊かな代々木の総鎮守です。パワースポットと呼ばれるだけの神秘的な空間があります。都心からのアクセスも良く、何度でも参拝したい神社です。
(行った時期:2018年1月)

代々木八幡駅からすぐ、小高い丘のようなところにある神社です。都心なのに緑豊かで、人ゴミもないので、きっと神様がいるだろうな、と感じられるいい雰囲気でした。
(行った時期:2017年12月)
代々木八幡宮
住所/東京都渋谷区代々木5-1-1
「代々木八幡宮」の詳細はこちら
虎ノ門金刀比羅宮【港区】
虎ノ門金刀比羅宮出典:じゃらん 観光ガイド 虎ノ門金刀比羅宮
讃岐の金刀比羅大権現を勧請したもの。ご神徳は海上守護、大漁満足は勿論のこと、五穀豊穣・殖産興業・招福除災の神として広く庶民に尊信され、東国名社の一つとして知られています。

\口コミ ピックアップ/
駅からすぐなのに突然立派な神社があらわれます。お昼時はキッチンカーが来たりして、ちょうどよい休憩場所です。
(行った時期:2018年1月)

虎の門の高層ビル群の谷間に忽然と金毘羅さんが現れます。立派な神社で、毎年正月には七福神祭りが行われます。
(行った時期:2016年1月)
虎ノ門金刀比羅宮
住所/東京都港区虎ノ門1-2-7
「虎ノ門金刀比羅宮」の詳細はこちら
烏森神社【港区】
烏森神社出典:じゃらん 観光ガイド 烏森神社
\口コミ ピックアップ/
新橋駅近くの飲屋街にある神社です。
何だかいかにも日本的な光景で雰囲気が良いです。
短くて細いですが、ちゃんと参道があるのが良いです。
(行った時期:2018年1月)

JR新橋駅烏森口からすぐです。都会の真ん中というか、飲み屋横丁の中にある神社って感じです。昭和感がバッチリです。
(行った時期:2018年1月14日)
烏森神社
住所/東京都港区新橋2-15-5
「烏森神社」の詳細はこちら
井草八幡宮【杉並区】
井草八幡宮出典:じゃらん 観光ガイド 井草八幡宮
\口コミ ピックアップ/
久々に初詣に行きました。
以前は1時間以上待ちでしたが、今回はカレンダーの影響か?明日から仕事の人も多く、また夕方に行ったこともあり、25分で参拝出来ました。
出店も出ていて盛り上がってました。
(行った時期:2016年1月3日)

初詣に行きました。青梅街道沿いにある神社なので車を利用しましたが、付近には駐車場が沢山あったので困りませんでした。
(行った時期:2016年1月1日)
井草八幡宮
住所/東京都杉並区善福寺1-33-1
「井草八幡宮」の詳細はこちら
西新井大師(五智山遍照院總持寺)【足立区】
西新井大師(五智山遍照院總持寺)出典:じゃらん 観光ガイド 西新井大師(五智山遍照院總持寺)
天長3年(826年)弘法大師の創建と伝わる五智山遍照院総持寺。「関東三大師」の一つ。真言宗豊山派の寺院。800年代、悪疫流行になやむ村人を救おうと祈祷を行ったところ、枯れ井戸から清らかな水が湧き病がたちどころに平癒されたという伝説があります。その井戸がお堂の西側にあったことから「西新井」との地名になったといわれています。「火伏せの大師」「厄除開運」の霊場として有名です。境内の6箇所には70種、4500株のぼたんが植えられ、ぼたん大師とも言われています。

\口コミ ピックアップ/
出店が沢山あり賑わっていますが、都心ほど混み合っておらずお勧めです!大師焼や、唐揚げや中華おやきなど都内の出店では珍しいメニューもあります。
(行った時期:2018年1月)

初詣で有名な西新井大師ですが、普段は広い境内もひっそりとしていて、落ち着いた寺院です。
毎月21日は弘法大師様の縁日で、沢山の屋台や歌謡ショーなどでにぎわい、楽しめます。
(行った時期:2018年1月1日)
西新井大師(五智山遍照院總持寺)
住所/東京都足立区西新井1-15-1
「西新井大師(五智山遍照院總持寺)」の詳細はこちら
題経寺(柴又帝釈天)【葛飾区】
題経寺(柴又帝釈天)出典:じゃらん 観光ガイド 題経寺(柴又帝釈天)
帝釈天をまつり、行方不明だった板本尊が見つかったのが庚申の日だったことから庚申の民間信仰が盛んであり、60日ごとの庚申の縁日には除病、延寿の神として多くの参拝者で賑わう。柴又七福神の一つ(毘沙門天)。映画「男はつらいよ」で一躍有名になった。

\口コミ ピックアップ/
一月に嫁さんと一緒に初詣に行きました。下町の良い雰囲気を残している柴又を散歩してのんびりとお参りをして素敵な彫刻を見る事が出来ました
(行った時期:2017年1月)

家族で毎年初詣に訪れています。
お詣りした後も周りに沢山の屋台が出ているので、楽しめますし、近くにハイカラ横丁という駄菓子屋さんがあるので、子供たちはお年玉を握りしめお菓子を買ったりレトロなゲームで遊び、親は熱燗片手に焼き鳥を食べながら外で待ってられます^_^
(行った時期:2017年1月1日)
題経寺(柴又帝釈天)
住所/東京都葛飾区柴又7-10-3
「題経寺(柴又帝釈天)」の詳細はこちら
須賀神社【新宿区】
須賀神社出典:じゃらん 観光ガイド 須賀神社
四谷の総鎮守。社殿内に掲げられた三十六歌仙絵は天保7年の奉納、大岡雲峰の絵、千種有功の書による。

\口コミ ピックアップ/
駅からは少し歩きますが、比較的アクセスが良く、都会の中にある神社です。
雰囲気が素晴らしく、気持ちが落ち着く場所ですよ。
(行った時期:2017年2月)
須賀神社
住所/東京都新宿区須賀町5
「須賀神社」の詳細はこちら
大鳥神社【目黒区】
大鳥神社出典:じゃらん 観光ガイド 大鳥神社
目黒区最古の神社といわれ、11月の酉の市では、縁起物の熊手を買い求める人でにぎわいます。
江戸後期から伝わる壮厳な太々神楽(だいだいかぐら)「剣の舞」が、9月の例大祭で奉納されます。

\口コミ ピックアップ/
全国の大鳥神社および大鳥信仰の総本社とされる歴史ある神社だったと記憶しております。建物自体も時の流れを感じます
(行った時期:2016年1月)
大鳥神社
住所/東京都目黒区下目黒3-1-2
「大鳥神社」の詳細はこちら
芝大神宮【港区】
芝大神宮出典:じゃらん 観光ガイド 芝大神宮
芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神としてお祀りしています。御鎮座は遠く平安時代、寛弘二年(1005年)一条天皇の御代に創建された由緒あるお社です。

\口コミ ピックアップ/
大門駅から徒歩で数分で、アクセス良しです。鳥居の大きさが目印です。生姜塚もありました。ここでの千木呂が江戸時代からの女性向きので、珍しかったので購入しました。毎年色が違う強運守りも有名らしいです。他にも沢山のお守りがありました。
(行った時期:2018年2月)

十年以上前ですが、挙式をさせて頂きました。千年以上の歴史のある神社で挙式ができるというのはなかなかなく、とても良い想い出になりました。今年の初詣でも参拝しましたが、おみくじが数種類あったり、お守りもサッカー向けのものがあったりなど、趣向が凝らされていました。
(行った時期:2017年1月7日)
芝大神宮
住所/東京都港区芝大門1-12-7
「芝大神宮」の詳細はこちら
豊川稲荷東京別院【港区】
豊川稲荷東京別院出典:じゃらん 観光ガイド 豊川稲荷東京別院
当別院は江戸時代、大岡越前守忠相公おおおかえちぜんのかみただすけこうが日常信仰されていた豊川稲荷のご分霊をお祀りしています。
明治20年に赤坂一ツ木の大岡邸から現在地に移転遷座し、愛知県豊川閣の直轄の別院となり今日に至ったものです。

\口コミ ピックアップ/
芸事の神様でもあるという事でお参りに行くようにしています。港区の都会にありながら境内は一瞬の静寂があり、とてもいい雰囲気です。
(行った時期:2018年1月)

東京中心部にあって、アクセス抜群の赤坂の有名パワースポットです。中は自然豊かで、お稲荷さんの石像も可愛くて癒やされますよ
(行った時期:2018年1月)
豊川稲荷東京別院
住所/東京都港区元赤坂1-4-7
「豊川稲荷東京別院」の詳細はこちら
乃木神社【港区】
乃木神社出典:じゃらん 観光ガイド 乃木神社
\口コミ ピックアップ/
宝物殿には乃木大将ゆかりの品があり、是非立ち寄る事をお勧めします。
敷地内では当時の自宅の様子が再現されていて見所がたくさんありました。
(行った時期:2018年1月15日)

乃木神社は地下鉄乃木坂駅からもほど近い都会の真ん中にある神社です。
これだけ都会の真ん中にありながら静かな雰囲気をたたえており、落ち着きたい時には最適だと思います。
(行った時期:2017年1月)
乃木神社
住所/東京都港区赤坂8-11-27
「乃木神社」の詳細はこちら
高岩寺(とげぬき地蔵)【豊島区】
高岩寺(とげぬき地蔵)出典:じゃらん 観光ガイド 高岩寺(とげぬき地蔵)
とげぬき地蔵尊として有名で、4のつく日には縁日がある。

\口コミ ピックアップ/
とげぬき地蔵尊、悪い所を磨くと治る?効果がある事を信じて一生懸命磨いて来ました(笑)お年寄りが多くてかえってのんびり出来て行ってみて良かったです。
(行った時期:2018年1月)

人で賑わっていたものの、あまり並ばずに入れた。煙を良くなってもらいたいところにかけることができた。よくテレビで見るお店が立ち並び、食べ歩きすることもできた。懐かしい感じのする商店街がよかった。
(行った時期:2018年1月)
高岩寺(とげぬき地蔵)
住所/東京都豊島区巣鴨3-35-2
「高岩寺(とげぬき地蔵)」の詳細はこちら
池上本門寺【大田区】
池上本門寺出典:じゃらん 観光ガイド 池上本門寺
日蓮宗大本山。1282年10月13日に日蓮上人が入滅された霊跡。10月11日~13日はお会式法要が行われており、特に毎年12日の夜は日蓮上人の遺徳を偲び全国から30万人の参拝者が訪れる。1608年に秀忠が建てた五重塔は国の重要文化財。平成22年に大改修された大宝塔も国の重要文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/
おみくじを引くと、大吉とかわかりやすいのではありませんが、小さな招き猫が入っており、色と手が右か左かによって運勢が変わります。
可愛らしく、お財布に入れております。
(行った時期:2018年1月)

初詣に行きました。3日だったからか、意外と人混みがひどくなくて穴場的な感じでした。露店も出ていて良かったです。
(行った時期:2017年1月)
池上本門寺
住所/東京都大田区池上1-1-1
「池上本門寺」の詳細はこちら
伝通院【文京区】
伝通院出典:じゃらん 観光ガイド 伝通院
家康の生母於大の墓や徳川家ゆかりの人物らの墓がある。

\口コミ ピックアップ/
今年も、新撰組マニアの子どもの恒例行事で、こちらへ初詣に伺いました。左手奥に案内所&休憩所があり、今回はそちらでお守りも購入し、満足げな子ども。行きは、後楽園駅から徒歩で来ましたが、帰りはどうしようか・・と思っていたら、向かいのバス停に池袋駅行きのバスが丁度やってきました。途中、護国寺前に停まるらしく、バスに乗ってそのまま次は護国寺へ寄ることに。
(行った時期:2017年1月)

徳川家ゆかりの寺院として有名ですね。千姫、於大の方、清川八郎など江戸歴史で拝見する名前のほかに柴田錬三郎のような文豪のお墓もあるとは驚きでした。
(行った時期:2017年1月10日)
伝通院
住所/東京都文京区小石川3-14-6
「伝通院」の詳細はこちら
多田神社【中野区】
多田神社出典:じゃらん 観光ガイド 多田神社
多田神社は、源頼光や頼信の父であり、文武両道に秀でた多田満仲公を御祭神とした神社です。平成26年2月、中野区認定観光資源に認定されました。

\口コミ ピックアップ/
とっても立派な本殿があって、いい空気が流れています。木々に囲まれた空間は心が穏やかになりますよ。お参りにぜひ。
(行った時期:2017年1月)

結婚式もこちらで執り行われています。友人がこちらで挙げたのですが、とても神聖な雰囲気で素敵でした。椿のシーズンが美しいです。
(行った時期:2017年1月)
多田神社
住所/東京都中野区南台3-43-1
「多田神社」の詳細はこちら
白鬚神社(墨田区東向島)【墨田区】
白鬚神社(墨田区東向島)出典:じゃらん 観光ガイド 白鬚神社(墨田区東向島)
寿老神をまつる古社。境内に句碑、記念碑が多い。隅田川七福神のうちの1つ。

\口コミ ピックアップ/
広くはありませんが立派な構えの神社です。
お正月には庭にある能舞台のようなところで太鼓の披露があります。
子供などもかなりのレベルで見ごたえがありました。
売っている絵馬も種類が豊富で可愛いものもありました。
(行った時期:2018年1月2日)

約1000年前に滋賀県の白髭神社の分霊を祀ったのがはじまりという、歴史ある神社。お正月の隅田川七福神巡りは、全長2キロぐらいで楽しく巡ることができました。
(行った時期:2017年1月)
白鬚神社(墨田区東向島)
住所/東京都墨田区東向島3-5-2
「白鬚神社(墨田区東向島)」の詳細はこちら

※この記事は2018年11月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ