舞台『大正浪漫探偵譚』シリーズのスピンオフ作品が2019年に上演! 主演・磯野大、吉村駿作、大薮丘、前田隆太朗、栗田学武らが出演

SPICE

2018/11/21 21:00


2019年2月14日(木)~2月18日(月)に千本桜ホールにて『探偵東堂解の事件録-大正浪漫探偵譚-』の上演が決定した。

本公演は、2018年にシアター1010にて5000人以上を動員した、大正浪漫推理劇の舞台『大正浪漫探偵譚』シリーズ(演出・脚本を鈴木茉美)のスピンオフ作品だ。出演者は、劇団BQMAPに所属し、ミュージカル『テニスの王子様 3rdシーズン』にて桃城武役として出演し注目を集めた吉村駿作、同じくミュージカル『テニスの王子様3rdシーズン』にて切原赤也役、舞台『八王子ゾンビーズ』四太役、舞台『おおきく振りかぶって 夏の大会編』では市原豊役、など人気作品に多数出演し注目を集めている前田隆太朗、同じくミュージカル『テニスの王子様3rdシーズン』にて丸井ブン太役を務めた大薮丘、舞台『KING OF PRISM-Over the Sunshine!-』氷室聖役、「2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 第6幕『紅縁』」では勘助/葉月透役として出演し、『大正浪漫探偵譚』シリーズにも過去3度出演した、劇団アレン座所属の栗田学武の出演が発表された。
吉村駿作
吉村駿作
前田隆太朗
前田隆太朗
大薮丘
大薮丘
栗田学武
栗田学武

また、主演には東京ワンピースタワー『ONE PIECE LIVE ATTRACTION 3rd “PHANTOM”』にてロロノア・ゾロ役に抜擢され注目を浴び、その後、舞台『大正浪漫探偵譚-六つのマリア像-』、舞台『NINJA ZONE』などに出演し、現在着々と人気と実力をつけてきている磯野大の出演が発表されている。
磯野大
磯野大

メインビジュアルは新シリーズの強い意図を感じるデザインとなっており、本が散乱した部屋の中で、無心に本を読むミステリアスな東堂解。この時代を経て現在シリーズで描かれている東堂解が完成した。探偵助手である南澤譲、北早翔太と出会う前の東堂解の生活、歴史が一枚に収められている味わい深いメインビジュアルとなっている。

シリーズスピンオフとなる本公演は、主人公・東堂解の学生時代に寝台列車で起きた密室殺人事件を舞台に、ワンシチュエーションの推理劇。東堂解の初めて解いた事件として物語が展開していくシリーズ初の過去を描く。また、毎回豪華なキャスティングで贈られる本シリーズにおいてどんな顔ぶれが揃うのか!? 今後のキャスト発表にも注目したい。本公演の最速先行発売(抽選方式)は2018年11月24日(土)朝10時00分~12月3日(月)23:59を予定している。
【あらすじ】
東堂解という人間は、ひとことで言えば変わった人物だった。
彼は僕の大学の友人だった。
彼はいつも様々な分野の本を読んでいた。
本は彼の知識欲を満たすのに必要不可欠なものだったのだろう。
ある年長期休みを利用して、僕の別荘に彼を誘った。
初めて乗る寝台列車に、彼はいささか興奮していたようだった。
彼が喜ぶという珍しい姿を見て、僕はとても嬉しかった。
皆が寝静まる夜中、列車の音だけが響くその閉ざされた空間で、事件は起こった。
今にして思えば、それが彼の始まりだった。
探偵東堂解は、ここから始まったのだ……。


脚本/演出家 鈴木茉美 コメント


これは探偵東堂解の始まりの物語です。『大正浪漫探偵譚』の主人公、東堂解。ろまたんでは東堂探偵事務所の所長として、様々な難事件を解決している彼ですが、今作品は学生時代の彼が初めて事件というものに遭遇します。この事件を通して彼が何を感じどう成長していくのか、私自身もとても楽しみです。ぜひ皆様も、彼の始まりの物語を楽しんでください。

主演 磯野大 コメント


待望のろまたんシリーズの続編! 今回は、東堂 解の始まりにフォーカスを当てています。はじめて遭遇した事件で彼は、何を見て何を感じたのか……。そんな作品で、物語の軸となる東堂 解を演じさせて頂きます磯野 大です。先輩方が気持ちを込めて、大切に演じてこられた大正浪漫探偵譚シリーズその中で、作り上げてこられた【東堂 解】というイメージ、歴史。最大限の敬意を込めつつ、そこから新たな可能性を見出せたらと思います。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ