ボノ&ファレル、ビー・ジーズの「ステイン・アライヴ」をカヴァー

Billboard JAPAN

2018/11/21 11:40



米人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演した、U2のボノとファレルが、ビー・ジーズの大ヒット・ナンバー「ステイン・アライヴ」をカヴァーした。

毎年『ジミー・キンメル・ライブ!』では、ボノが設立したエイズのチャリティ団体(RED)を支援するための特別番組を行っており、エンタメ界の著名人が数多く出演している。今年は、ボノやファレルをはじめ、チャニング・テイタム、クリス・ロック、ゾーイ・サルダナ、クリステン・ベル、スヌープ・ドッグ、ブラッド・ペイズリーらが参加。出演者たちは、コントや毎年恒例のコメディ・ナンバー「We’re Going to Hell」(みんな地獄へ行く)を披露し、番組を盛り上げた。

司会のジミーに、「ラストネーム(苗字)がない2人」と紹介されたボノとファレルは、ピアノの伴奏に合わせて「ステイン・アライヴ」をラウンジ風にしっとりとデュエットし、歌い終わるとハグを交わした。

◎「ステイン・アライヴ」パフォーマンス映像
https://youtu.be/wG80IoFECd8

◎「We’re Going to Hell」パフォーマンス映像
https://youtu.be/SjESt7qcIMI

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ