三田佳子次男・高橋祐也被告の初公判に「半グレ集団」が“お礼参り”にやって来る!?

日刊サイゾー

2018/11/21 09:00


 覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴された三田佳子の次男・高橋祐也被告の初公判が29日に迫っている。

同被告は9月11日東京・渋谷区内の飲食店でトラブルを起こし、駆けつけた警察官に任意同行を求められ、その後、覚せい剤の陽性反応が出たため現行犯逮捕された。先月1日に起訴され、初公判は今月29日の予定。そんな中、界隈にはある不穏な情報が駆け巡っているという。

「高橋被告の薬物入手ルートは、半グレ集団である関東連合グループとみられている。中でも同被告に覚せい剤を渡していたのは、18年前のトーヨーボール殺人事件にも関与した危険人物。関東連合は解散したが、いまだ裏社会では犯罪に関わっている者が多い。高橋被告にそのあたりの事情を話されないよう、公判当日は連合メンバーが傍聴席に陣取り、法廷の被告にニラミを利かせるといわれている」(週刊誌記者)

2012年9月に六本木のクラブ「フラワー」で起きた人違い殺人事件では、当時タレントとしても活動していた元関東連合の・石元太一が傷害致死容疑で逮捕された。その公判では連合OBとみられるコワモテ男性が傍聴席や裁判所周辺に集結する異様な事態となった。

スポーツ紙記者は「29日には元・モーニング娘。吉澤ひとみ被告の初公判も予定されており、裁判所は多くの報道陣でごった返すことが予想されます。トラブルにならなければいいのですが……」と話す。

高橋被告が法廷で、どのような表情を見せるか注目だ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ