「抱かれたいお年寄り」高田純次、じゅん散歩特番で女子大生とのカラミを満喫

アサジョ

2018/11/21 07:15


 11月18日放送の「路線バスで寄り道の旅×じゅん散歩SP 2018」(テレビ朝日系)で徳光和夫、田中律子とともに“街ぶら”した高田純次。スタート地点の江戸川病院ではボビー・オロゴン、途中で立ち寄った秋葉原のメイドカフェではお笑いコンビ・トレンディエンジェルのたかしと偶然にも出会うというハプニングがあり、視聴者を驚かせた。

高田は放送中のドラマ「黄昏流星群」(フジテレビ系)で石川恋演じるかつての教え子・瀧沢美咲と不貞関係を結んでいる城北女子大学人文社会学科・戸浪恭介教授を好演中なのだが、この番組では実在する明治大学を訪問。応援部に属する男子部員による校歌の熱唱や、女子部員によるチアリーディングに感嘆の声をあげた。

「高田はこの日の放送で『僕は〈抱かれたいお年寄りトップ10〉で田村正和を抜いて3位だったんだよ』と嬉しそうに語った姿が印象的でした。この〈抱かれたいお年寄りトップ10〉とは、『週刊女性』が20代から30代女性200人に70代の男性芸能人23人から『抱かれたい』『抱かれてもいい』人物を複数回答してもらったアンケート結果のこと。1位・渡哲也、2位・北大路欣也、3位・高田、4位・田村正和、5位・古谷一行、6位・寺尾聰、7位・藤竜也、8位・石坂浩二、9位・千葉真一、10位・岸部一徳という結果を見る限り、やはりドラマやバラエティ番組で活躍している人物が多い。テレビ離れが叫ばれてはいるものの、やはりテレビのチカラは大きいと言えるのではないでしょうか」(女性誌記者)

番組ではチアリーディングを披露してくれた女子大生より、明治大学広報担当で副学長の牛尾奈緒美氏に興味を持っていた高田。実はこの牛尾氏、元フジテレビの局アナであり、現在はホリプロに所属する美女タレント。高田がデレつくのも当然か。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ