矢田亜希子、先輩に“おばちゃん”と言われ悲しむ

女優の矢田亜希子(39歳)が、11月20日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。先輩の俳優から「今じゃこんなおばちゃんになって」と言われ、すごく悲しかったというエピソードを披露した。

先日、映画に出演することになった矢田。「監督から特に衣装をホントにおばちゃんにしてくれということで。メークもほぼしないで。まあ、おばさんなんですけど」という外見のイメージだったそうだが、そこで20年ぶりに共演する先輩の俳優と出会い、久しぶりの再会で嬉しくなった矢田が挨拶することに。

その先輩は、矢田を見て「いやー、もうホントにねかわいかったんだよ」と言ってくれ、その言葉には矢田は悪い気はしなかったものの、続けて、スタッフもたくさんいる前で「今じゃ、こんなおばちゃんになってもうて」と言われてしまい、「凄く悲しかったです」と語った。

スタジオからは同情の声が上がる中で、出演していた俳優の風間俊介が「でもおばちゃんの格好してて、いや全然変わんないですねって言われるほうが嫌じゃないですか」とフォロー。すると、矢田は「そうですね!……そっかそっか」と納得したようでうなずいていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ