18歳モデル・友望がグランプリに!「誰にも負けたくなかった」<ミスiD>

ザテレビジョン

2018/11/19 07:00

「これまでにいない“ネオガール”を探す」女の子オーディション「ミスiD2019」(講談社主催)のグランプリが、11月17日に都内で行われたイベント「ミスiDフェス2019」で発表された。

「ミスiD」は、新しい時代にふさわしい価値観やスタイルを持った女の子を発掘し、育て、従来の芸能的枠組みに縛られず、その人にあったスタイルで世に出そうというネオガール・オーディション。

2012年の第1回以来、史上最年少「ViVi」モデルの玉城ティナ、“神スイング”稲村亜美、LADYBABYの金子理江、広瀬すずに「日本一かわいい」と絶賛された多屋来夢、モテクリエイターの“ゆうこす”こと菅本裕子、川谷絵音との交際が話題となったほのかりんなど、今までにいそうでいなかったインディペンデントなネオ・ガールを輩出している。

この日のイベントでは、約4000人の応募者の中から一般投票と選考委員による審査で選ばれたファイナリスト96人のお披露目、各賞の発表が行われ、グランプリにはモデルの友望(とも)が選ばれた。

■ 友望「心からもっと大きくなっていきたいと思う」

実行委員長の小林司氏から「目の中に恐ろしいほどのきらめきと底知れぬ爆発を秘めている。今どきの派手なかわいさからは一番遠いところにいる」と評された友望は、自己PRで「社会復帰がんばっています」、将来の夢を「大学卒業」と応えるなど控えめな女の子。

グランプリ発表で名前を呼ばれた時も戸惑った表情を見せていたが、マイクの前に立つと「本当にありがとうございます。(ミスiDは)自分では絶対に見たくないと思っていた世界とか景色をもう一度見たいと思わせてくれた場所だし、これから自分の力でいろんなものを見たいと思います。本当は口では言いたくなかったんですけど、絶対誰にも負けたくなかったし、絶対にグランプリが欲しかった。本当にうれしいです」と、喜びを爆発させた。

その後に行われた囲み会見でも「まだよく分かっていないんですけど、今一番込み上げてくるのは、ただうれしいという感情が一番です」と気持ちを抑えきれない様子。

「他の方たちにみたいにSNSを頑張ったりとか、何か特別なことをしたと胸を張って言えることはないけど、(ミスiDを)受けてよかったと心から思っているし、心からもっと大きくなっていきたいと思っています」と笑顔も見せた。

今後について聞かれると、「ミスiDを受けてまた女優になりたいと思ったので、これからそういう活動をしていけたらなと思います」と語り、「どんな役をやってみたいか?」という質問には「人間っぽい役をやりたいです」と答え、報道陣を和ませていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/169756/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ