「世界の果てまでイッテQ!」にありがちなこと24連発!




テレビがつまらないと言われてしまうことが多い最近ですが、そんな中でも人気が高い日本テレビ系列のバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』。

宮川大輔さんやイモトアヤコさんなど個性豊かなタレントたちが世界中で体を張って奮闘する姿はお茶の間にたくさんの笑いと感動を届けてくれます。

イッテQあるある24選


イッテQがスタートしたのは2007年のこと。10年以上に渡って放送されている番組というだけあり、定番化したコーナーやノリも、番組の魅力のひとつとなっているといえるでしょう。

今回はそういった「イッテQにありがちなこと」をあるある形式でまとめてみました。ぜひ番組のことを思い出しながらご覧ください。

1. 笑ってご飯を吹き出してしまう
イッテQの放送時間は日曜日20時台という夕食時。番組を見ながら晩御飯を食べていたら笑って吹き出してしまったという声がSNS上に飛び交っています。始まるまでにご飯を食べ終えておきたいですね。

2. 手越のロケは「テイッ」からのスタート
手越祐也さんいわく、「テイ」は鳴き声なのだとか。

3. 宮川大輔「アカーーーーーーン!!」
宮川さんが何かと発する言葉。いまや宮川さんの代名詞になりましたね。

4. 手越がお笑い芸人レベルまで体を張っている
ジャニーズであそこまで体を張っている人がいるでしょうか。

5. イモトとヘビの因縁の対決
ヘビが苦手なイモトさんに、ヘビを食べさせようとしたり、触らせようとしたり、戦わせようとしたり……。



6. 話している途中でカメラが切り替わる
真剣に話しているのに突然ブツッと切れるのが面白くて、その後はスタジオもお茶の間も爆笑です。

7. 女芸人のおっぱいが出る
水着姿で体を張るとポロリと出ちゃいますよね。でもエロさは一切感じられません……。

8. 名物「宮川のキラキラリバース」
宮川さんがどこかを見つめながらフリーズし始めたら、キラキラリバースの合図ですね。

9. 制服で世界中どこにでも行く
いつまでセーラー服で海外に行かせるのでしょうか。



10. デヴィ夫人の好感度が爆上がり
イッテQで見る前は毒舌の怖いマダムだと思っていたのですが、面白い!

11. イモトアヤコの涙はなぜか笑える
イモトさんの泣き方は演技っぽさがゼロで、むしろ汚いレベル。真剣に取り組んでいるんだなと感動しますが、その汚さに爆笑してしまいます。

12. 「きゃんゆーすぴーくいんぐりっしゅ?」
出川哲朗さんのはじめてのおつかいシリーズを見ると、言葉が通じなくてもコミュニケーションをとることはできるんだなと勇気が出ますね。



13. 定期的に「絵面が汚い」とクレーム
日曜日の夕食時なので、鼻水やお尻、キラキラ加工されているとはいえ嘔吐シーンなど、タレントの体を張りすぎたシーンに引いてしまう視聴者もいるようです。

14. 忘れたころに戻ってくるヘルメットおじさん
内村光良さんは多忙すぎてなかなかロケをするのも難しいのだと思いますが、もっと見たい!



15. オーシャンズ金子の出番が少ない
カレンダー企画など、年に1~2回程度しか出演しなくなってしまいました。

16. クセの強いガイドばかり
ガイドのキャラが立っていると、予想以上に面白くなります。話題がガイドに集中して旅行ネタの印象が薄くなる回もあったりします(笑)。

17. もはや日本国内でのロケがレア
海外ロケが当たり前の状態になってますね。もっと日本国内のロケもしてほしいのですが、奇抜さを考えると難しいのかも!?

18. イモトの安室ちゃん愛に感動
安室さん引退発表の時には「イモト大丈夫?」とファンから心配されるほど。最後に番組で共演できてよかったですね。

19. いつもハプニングが起こるロッチ中岡
芸人として、何かを持っているということなのでしょうか。必ずハプニングが起きる印象があるのでネタに困らず、スタッフも安心して起用できる!?

20. 手越のミスにナレーションが「イエーイ」
ナレーションの「手越いじり」が楽しみだという人も結構いるようですね。

21. 木村佳乃がゲスト出演する放送は神回確定
ふんどし姿での女相撲やセーラー服でのパイ投げ、ヘビを食べてキラキラリバースなど、毎回躊躇なく体を張っています。

22. 登山部の放送回は毎回感動
山に対して真剣に向き合うイモトさんや、それを支えるメンバーの熱い絆に思わず涙が。



23. ナレーションで面白さが3倍くらいになっている
イッテQは立木文彦さんと田辺修治さんのツッコミがあってこそ! たまにはツッコミに焦点を当てた特集もやってほしいですね。

24. いつか事故が起きるのではとヒヤヒヤ
無事にロケが終わっているからこそ大笑いできるのであって、事故が起きては笑えません。これからも事故がおきませんように……。

来週も頑張る活力をもらえる番組


日曜日の夜というと、国民的アニメの『サザエさん』を見て「もう日曜日が終わってしまう……」と憂鬱になる「サザエさんシンドローム」と呼ばれる症状が出る人も多いそう。

しかし逆にイッテQを見ると奮闘するタレントたちの姿を見て、深く考えずに爆笑したり感動したりできるため、「明日から頑張ろう」という気力が湧くという声も。

最近いろいろ問題視はされていますが、イッテQの出演者たちが全力で取り組んでいることは事実です。これからも心の底から楽しめる番組作りに期待したいところですね 。

WRITER毬藻練子 (まりもねっこ)

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ