夜間に店の現金を盗み朝まで待っていた「マヌケな泥棒」逮捕される(南ア)

どうやって店に侵入したのかは不明だが、一晩かけて店内の現金などをかき集めたものの、なぜか店が開くまで待ち続けた窃盗犯がこのほど逮捕された。小さな店舗内で絶対見つからない自信があったのか。発見された男は従業員らに殴られて、警察に逮捕された。「マヌケな泥棒」として『TimesLIVE』など複数のメディアが伝えている。

11月14日、南アフリカのクワズール・ナタール州ダーバン近郊の町ヴェルーラム(Verulam)で、民間の警備会社「Reaction Unit South Africa」がパトロール中、スーパーの前でパキスタン人男性6人が男を殴りつけているという報告が南アフリカの交通安全協会「Arrive Alive」のもとに届いた。

スーパーの店主の話では、朝に店を開けたところ、店内でポテトチップスの段ボールが積んである後ろに男が隠れているのを発見した。男を捕まえて身体検査をしたところ、Tシャツの下からは現金5万ランド(約40万円)が。腰の周りには3万ランド(約24万円)相当に当たる大量のプリペイド式携帯電話用エアタイム(チャージカード)がひもで縛りつけられていた。これを見つけた従業員らが犯人を殴っていたとのことだった。重傷を負った男は逮捕され、警察へと連行された。

店には侵入時に破損した形跡がないことから、男は前夜に店が閉まる直前に客として入ってきて店内に隠れ、夜間に現金やエアタイムを物色していたもようだ。もし見つからなければ、店が忙しくなったときにさりげなく出て行こうと思っていたのだろう。

男があえて一晩をそこで過ごしたのか、それとも店から逃げ出せずにそこで一晩明かしたのかは現時点では不明である。

画像は『Arrive Alive 2018年11月14日付Twitter「Theft suspect hides overnight on business premises in Verulam」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ