AAA宇野実彩子、白百合学園時代の”お嬢様な生活”に驚きの声

画像は、『今夜くらべてみました』公式Instagram より


11月14日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、ダンス・ボーカルグループAAAの宇野実彩子が登場し、白百合学園時代の華麗なるお嬢様エピソードや、誰もが驚く放課後の過ごし方について明かした。

放課度はスタバのテラス席で毎日コーヒー





「トリオTHE 東京育ち女と時々田舎女子」のテーマに、杉並区出身の「東京女」代表として登場した宇野。小・中・高とお嬢様学校の「白百合学園」に通っていたとし、小学2年生当時の制服姿の写真を披露。「あいさつがごきげんよう」「小学校1年生からフランス語の授業がある」「全校生徒がモーツァルトが歌える」と、異次元の学校生活を明かした。

フランス語の授業について、「カトリックなんですけど。修道女会っていうところで学校が生まれて。その歴史をたどってフランス語を学ぼうっていうのがあって。なので、英語の『ABCの歌』よりも『アンドゥトロワの歌』の方が(先に学ぶ)」と、説明した宇野。MCの後藤輝基から「『アンドゥトロワの歌』ってどんなの?」と振られると、宇野は照れながらも笑顔でその歌を披露した。

「全校生徒がモーツァルトが歌える」については、「モーツァルトの『クレド』っていう楽曲があって、式典とかミサの時に必ず歌う楽曲で、1つになる曲が『クレド』っていう」と説明。「『大地讃頌』じゃないですか、これって」とHKT48指原莉乃が返すも、宇野はポカンとした様子。

続いて「東京育ち女の学生時代ハマっていたものでくらべてみました」のコーナーで宇野は「新宿のスタバ」と回答。「もう友達と、ほとんど毎日ぐらい新宿で集合して、テラス席でコーヒーをみんなで飲んで」と、おしゃれすぎる放課後を過ごしていたと明かした。

田舎女子には到底信じられない光景に、驚きを隠せない一同。「連れがテラス席で待ってたら『お前何イキってんねん!』絶対なる!」と興奮気味に話す徳井義実に、大笑いの宇野であった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ