男性の視線で脈アリかどうかがわかる、男性の視線に隠された心理とは?

カナウ


男性の視線で脈アリかどうかがわかる、男性の視線に隠された心理とは?

「目は口ほどに物を言う」という諺(ことわざ)があるように、気になる相手の気持ちを知りたければ、その人の視線に注目すると良いでしょう。

相手の気持ちが分かれば、適切なアプローチが可能になるため、恋愛を有利に進めることができるはずです。

そこで今回は、視線で分かる男性心理を筆者が男性目線でご紹介します。

目次

男性が見つめている場合は脈アリの可能性大


やはり気になる女性は無意識に目で追ってしまいますが、ただぼーっと見ている先にあなたがいただけの可能性もあるので、早合点は禁物です。
しかし何度も目が合ったり、こちらを見ている気配を幾度となく感じたり、あるいは見つめながら目元がほころんでいれば、あなたを女性として意識している可能性は非常に大きいと言えるでしょう。
つまり、やたらと見ていたり、見ているときの視線がやわらかい場合は脈アリですが、偶然見ているだけだったり、ほとんどこちらを見ようともしない場合は脈ナシと考えることができます。

目が合うとすぐ逸らす


人はなにか隠し事をしている時、目を逸らそうとするものです。
そのため、目が合ってもすぐに逸らそうとする場合は、好意的な印象を抱いていることを隠そう、ごまかそうとしているのかもしれません。
逆に、目が合ってしばらく見つめてもノーリアクションだったり、「どうしたの?」といぶかしげな表情をされたりした場合は、女性として見られていない可能性があります。
また、単純に女性慣れしていないため、女性と目が合うとすぐに逸してしまうピュアな男性もいます。
その人の普段の言動が、女性慣れしてるかどうかをチェックしてみましょう。
もし、女性慣れしているのに、目が合うたび逸らしてしまうような場合は脈アリと言って良いでしょう。

自分の視線の先に目を向ける


自分が見つめている先によく目を向ける男性は、あなたを気にかけているかもしれません。
気になっている女性の言動はついつい気になってしまうもの。
もし、その女性が何かを見つめていたら「何を見てるんだろう?」「好きな男性を見つめているのかも?」と考え、ついついその視線の先をチェックしようとします。
ですが、ただ単に興味本位で視線の先を追う場合もあるので、適度に意識するくらいにしましょう。
「よく私を見つめてて、目線が合うとすぐ逸らすけど……」とある程度の脈アリ要素が重なってている状況でこの動きが見られたら、異性として見られている可能性は高くなります。

よく自分を見ているからといって決して脈アリではない理由


「気になる女性には目を向けてしまうもの」と書きましたが、残念ながら「露出の高い服を着ているから」「髪型が好みだから」などの大した意味もない理由から頻繁に見てしまう場合もあり、異性として興味を持たれているわけではない可能性もあります。
ですので、目線で男性心理を全て理解しようとするのではなく、脈アリかどうかを測る“一つの指標”としてとらえるようにしましょう。
(高萩陽平/ライター)
Photo by. Quinten de Graaf

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ