Uru「中学聖日記」主題歌MVが話題! “神秘の歌声”とあのCM美少女の儚い表情に『完璧!!』

ザテレビジョン

2018/11/14 06:15

12月5日(水)にリリースされる、Uruのニューシングル「プロローグ」のミュージックビデオがオフィシャルYouTubeで公開され、美しい歌声とマッチした映像美に注目が集まっている。

「プロローグ」は、有村架純が主演を務めるドラマ「中学聖日記」(TBS系)のためにUruが作詞・作曲を手掛け、書き下ろした楽曲。

同ドラマは、中学校教師・聖(有村架純)が10歳年下の教え子・晶(岡田健史)に引かれていく様子を描くヒューマンラブストーリー。

11月13日に放送された第6話からは、聖が晶の前から消えて3年後のストーリーが描かれ、小学校教師となりはつらつと働く聖と高校生になってちょっぴり大人になった晶の姿に大きな注目が集まった。

Uruが歌う「プロローグ」は、ドラマにピッタリな恋の始まりに揺れ動く気持ちへの戸惑いや、募っていく淡く儚い恋心を描く泣きのバラードで、毎週火曜のオンエアとともにネットで反響を呼んでいる。

また、CDリリースに先駆けて10月30日からスタートした先行配信は各配信サイトにて軒並み1位を獲得。自身最多となる“11冠”での好スタートを切った。

そんな中、公開された「プロローグ」のミュージックビデオには、ミスセブンティーン2017でグランプリを獲得し、Seventeen専属モデルでありながら、ドラマ「チア☆ダン」(TBS系)や2019年2月公開の映画「雪の華」などで女優としても活躍する箭内夢菜が出演。

楽曲の持つ切ないイメージをさらに増幅させるような美しい世界観が描かれ、公開されている1コーラスの映像ではUruが一切登場しておらず、これまで本人が登場してきたUruのミュージックビデオの中でも新しいアプローチとなっている。

箭内と言えば、6月4日に発売された森永乳業新商品かき氷アイス「蜜と雪」のCMに出演し、レミオロメンの「粉雪」を美しい歌声で披露していることも話題になった。

今回はUruの“神秘の歌声”に乗せて、箭内がさまざまな表情を見せてくれている。

なお、公開された「プロローグ」のMVにはドラマ「中学聖日記」とリンクする要素が隠されており、ドラマ視聴者にとってはより感慨深い作品として届きそうだ。

公開されると、早くもYouTubeには好意的なコメントが殺到!

「本当に綺麗な曲」「本当に素敵な歌ですよ」「神曲すぎる。。。」「これを聞くだけで一気にドラマの世界に入り込める」「泣ける」「夢菜ちゃんも天使」「全部が完璧!」などといった声が上がっている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/169156/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ