谷中の入り口で70年以上も続く甘味処“花家”のラーメンが絶品!

ガジェット通信

2018/11/13 16:00



全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。下町レトロな風情残る“谷中銀座”。全長175mの商店街に約70軒のお店が並んでいるが、日暮里駅から谷中銀座に行く間に、70年以上も続く甘味処がある。“花家”だ。

谷中銀座に降りる“夕やけだんだん”の手前に佇むお店で、長年谷中の憩いの場所として人気のスポットだ。オススメはクリームあんみつ



店内で作る自家製の寒天が絶品。旬のフルーツがゴロゴロ入っているのも嬉しい。おかみさんの淹れてくれる熱いお茶を飲みながら、ゆったりとした時間を過ごそう。

実はこの“花家”、甘味処でありながらラーメンも美味しい。オススメはワンタンメン



ちゅるちゅるとしたワンタンともちっとした麺の食感が楽しく、ノスタルジックなあっさり醤油スープとの相性は抜群。お食事もお茶も楽しめるまさに理想の空間だ。

終戦時にお店を始めた時は、サツマイモやカボチャを甘く煮て出していたそう。この谷中の歴史とともに続く隠れた名店。お店は今年なんとリニューアルしてピカピカになった。まだまだ谷中を支えてくれるんだと嬉しくなる。ぜひ足を運んでみてほしい。

AbemaTV番組『メシテロ』の『井手隊長の歌うラーメン山手線』では、お店のレポートと『花家の歌』も披露しているので、ぜひチェックしてみてほしい!

【番組アーカイブ】

花家

東京都荒川区西日暮里3-2-2

03-3821-3293

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 井手隊長)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ