フリーアナ・本田朋子は「安全ではない環境に友達!?」と批判も……芸能人の“友人立ち合い出産”事情

日刊サイゾー

2018/11/13 14:00


 10月31日に待望の第一子となる長男を出産したフリーアナウンサーの本田朋子。そんな中、本田アナが11月2日に投稿した「出産の詳細」が波紋を呼んでいる。

本田アナは「10月31日」というタイトルでブログを更新。そこで「主人も立ち会ってサポートしてくれて、へその緒も切ることができました。そして、友人たちも立ち会いました!!」などと、夫のみならず友人たちも出産に立ち会ったことを報告。そして出産直後の1枚として息子との2ショット、立ち会った夫のプロバスケットボール・五十嵐圭選手が息子を抱いているショット、友人の女性2人と本田アナと息子の4人でのショットも掲載した。

この投稿を受け、ネット上では「友人が立ち合い!? 自分だったら立ち合うのも立ち合われるのもどっちも考えられない……」「この人は賢そうって思っていたけど、母子共に絶対安全とは限らない環境に家族以外を立ち会わせるって発想はないわ~」といった批判的な意見が。また、「産む側も立ち会う側も当人次第なんだから、批判するのもおかしい。人それぞれ、でいいじゃん」という好意的な意見や、「出産直後にこの顔!? 顔整いすぎ!」「ナチュラルにアイブロウやアイシャドウを入れているような……」「眉毛描いてあるし、アイラインもあるような? 写真撮ること前提だったんだろうな! さすが(笑)」「ある意味、究極の目立ちたがり屋」などと、メイクできる余裕ぶりに驚く声が上がっていた。

「本田アナは読モからミス立教、その後はセント・フォースからのフジ入社、と絵に描いたようなリア充街道を歩んできた女性。性格も明るくて、言いたいことはハッキリ言う、我が強いタイプなのも有名です。命懸けの出産に友人を立ち合わせたり、メイクもバッチリというエンタメ精神は、彼女らしくていいと思いますけどね。ただ、ネット小姑には怒られそうですね(笑)」(テレビ局勤務)

今まで立ち合い出産で話題を呼んだ芸能人といえば、山田まりやがいる。山田は2013年12月29日に助産師宅で第1子の男児を出産。その際には故・川島なお美や田中美里、カーヴィーダンスの樫木裕実など男女十数人が集結。男児が生まれた際には、その場が歓声と拍手に包まれたといい、メディアでは“パーティ出産”として報道されている。

また15年、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしに第2子の次男が誕生した際、富澤はブログで「仕事の為ぼくは出産には立ち会えず、第一子に引き続き第二子も相方の奥さんが立ち会ってくれて状況を教えてくれていたので助かりました」と、相方である伊達みきおの妻でフリーアナウンサーの熊谷麻衣子が付き添ってくれたことを報告している。

出産の形は人それぞれ。元気に生まれてきてくれたらオールオッケー!?

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ