二階堂ふみ&GACKT、空前絶後の“ディスり合戦”でX JAPAN・YOSHIKIら登場?「翔んで埼玉」主題歌発表

モデルプレス

2018/11/12 11:00

【翔んで埼玉/モデルプレス=11月12日】女優の二階堂ふみとアーティストのGACKTがW主演を務める映画『翔んで埼玉』(2019年2月22日公開)の予告編、ポスタービジュアルが公開、そして主題歌が決定した。

今作は、2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央(まやみねお)氏原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)を実写映画化。

今回解禁されたポスタービジュアルは、某有名絵画を彷彿とさせる<革命>がテーマのド派手な1枚。二階堂演じる壇ノ浦百美が掲げている旗には、「何も無いけどいい所!」というまさかの埼玉を自虐した文言。さらに、GACKT演じる麻実麗は、どこか敵を見据えているような表情で、真剣を携えているかと思いきや、まさかの埼玉県の名産・深谷ネギ。豪華絢爛な額縁の中で繰り広げられる、まさに本気の魔夜峰央ワールドが展開されている。

そして、このポスターをよく見てみると、実は意外なゆるキャラが隠れており、突っ込みどころ満載なポスターに仕上がっている。都知事の息子であり、埼玉を蔑視していたはずの百美が、なぜ麗と共に埼玉側なのかは、同時に解禁される予告編からも垣間見ることが出来る。

◆はなわ「埼玉県のうた」が主題歌に決定



予告編映像は、冒頭から「世界よ、これが埼玉だ!!」と、某洋画で使われていそうなコピーで始まる。主題歌は、はなわが歌う「埼玉県のうた」を起用。2003年にアルバムに収録された楽曲を、今回映画『翔んで埼玉』のために再収録され、グレードアップされた楽曲とともに、壮大なスケールかつ、疾走感あふれる出来に。かと思えば場面は変わり、寂れた村となる。東京から虐げられ、出入りするには通行手形が必要、さらには、SAT(Saitama Attack Team)という、不正入都した埼玉県人を処罰する特殊部隊が目を光らせている。

そんな埼玉県に自由をと解放を企てる、埼玉解放戦線のリーダー・埼玉デュークを京本政樹が熱演。それに対立するのは、伊勢谷友介演じる、阿久津翔が率いる千葉解放戦線。埼玉と千葉、どちらの県が通行手形を撤廃できるのかという、邦画史上最大の茶番劇が描かれている。

原作では未完であった“埼玉ディス”物語。映画では、東京との地域格差、埼玉・千葉の“永遠のライバルの抗争”という要素がプラスされ、さらには神奈川、群馬、栃木、茨城ほか関東一帯を巻き込んで、東京を頂点とした壮大なスケールの下剋上合戦が繰り広げられる。と思いきや、予告編のラストはにらみ合う埼玉と千葉の軍勢が、X JAPANのYOSHIKI、THE ALFEEの高見沢俊彦の写真がなぜか掲げ、出身地対決を大真面目に繰り広げるという、まさかの展開を迎える。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ