脈アリチェック!交際前後の男性が、本命相手に絶対しないこと

愛カツ

2018/11/9 20:45


世の中には、本命でない女性でさえも夢中にさせ、本命と勘違いさせるテクニックを持つ男性がいるもの。

でも、そういう男性であっても、ふとした仕草や口ぶりには本命かどうかのサインが出てしまうことがあるようです。

「デートしてくれるけど、本命ではない」。そんな彼らの行動とは!?

彼の行動

■ 友だちと長電話

本命の彼女ならば、できるだけ一緒に過ごしたいもの。仕事の電話ならばともかく、せっかくのデート中に、友達と長電話なんて絶対にしないはずです。

特に、それがいつでもできるような「どうでもいい話」ならば、なおさら。女性が不機嫌になるのもわかっているはずですし、思いやりがなく、おおよそ考えられないような行動といえます。

■ この後の予定を気にする

ちらちらと時計を見ては、そわそわした様子。本命相手に、「このあとに何かあるのかな……?」とこちらが気を使ってしまうような態度をとるなんてことは、まずありえません。

そもそも、デートのあとに予定を入れること自体、こちらはいい気がしないのに、それを異常に気にするのは、一刻も早くデートを切り上げたい印象しか感じませんよね。「ごめんね」と言って、こちらを気遣ってくれていたとしても、絶対にナシです!

■ スマホを頻繁に見ている

仕事の連絡や家族の事情など、どうしようもない理由があるのかもしれません。でも、いつもそんなことがあるなんて、まずありえませんよね。それなのに、スマホばかり覗いている彼。

本当に好きならば、もっと目の前のあなたに気を配るはずですし、最悪の場合、彼女の他に女性がいて、その人と連絡している可能性も……。ご注意です。

■ ほかの女性の話

せっかく一緒にいるのだから、自分のほうをしっかり見ていてほしい……。ほかの女性のことなんて、考えないでほしい。これはあって当然の願いですし、決して贅沢なことではありません。

彼女といるのに、ほかの女性の話題ばかり出してくるなんて、本命とのデート中には、決してしないであろうこと。やきもちを妬かせようとしているにせよ、意識していないにせよ、どちらの場合も本命ではなさそうです。

■ お泊まりの強要

できるだけ一緒に過ごしたいという気持ちはわかりますが、彼女が嫌がっていることを強要するのは、思いやりを欠いた行動です。彼女にもいろいろと都合があるのに、それを無視するのは、あってはならないこと。

とくに、大人同士の恋愛において「お泊りする」というのは「セックスする」とほぼ同じ意味を持ちます。「お泊りの強要=無理やりセックスを迫ること」と言ってもいいくらいですよね。そんなこと、本当に大切な人であれば絶対にしないですし、むしろ、してはいけないこと。心当たりはありませんか?

■ おわりに

器用な男性でも多少の隙はあるもの。その隙にこそ、彼の本当の気持ちが表れます。あなたが本命なのか、都合のいい女なのかは、そういう隙が出たときにしっかりチェック。ほんの少しでも邪険に扱われていると感じるのであれば、そんな男、一緒にいる価値すらありません。

大切にされているかを考えながら、相手を選んでいきましょう。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ