内田珠鈴「現役の制服姿は最後かも」“ラストJK”イヤーでの飛躍誓う

ザテレビジョン

2018/11/10 19:36

歌手・モデルとして活躍する内田珠鈴が2019年のカレンダーを発売し、11月10日に都内で発売記念イベントを開催した。

福岡出身の17歳の内田は、小学校6年生の時にファッション雑誌「JSガール」(三栄書房)のオーディションでグランプリ獲得し専属モデルになると、最多となる表紙登場回数14回記録するなど人気に。2017年に専属モデルを卒業し、活動拠点を福岡から東京へ移してアーティスト活動をスタート。現在は「めざましテレビ」(毎週月~金曜朝4:55-8:00、フジテレビ系)に“イマドキガール”にも出演している。

■ “ラストJK”現役の制服姿は最後?

内田は「制服だったり浴衣だったり、季節を感じる写真がたくさん入っています。一つのカレンダーで、いろんな私が楽しめると思うので、たくさんの方に見ていただきたいなって思います」と、自身初のカレンダーをアピール。記者からの「川柳で」というむちゃ振りに「かれんだぁ、発売されて、うれしいな」と応え、笑顔を見せた。

飾ってほしい場所は「寝室だったり、リビングだったり、一番(長く)いる部屋に飾ってほしいなって思います。(内田家では)リビングのテレビの上にバン!と貼りたい(笑)」と希望。

お気に入りカットは制服姿の写真を選び、「2019年は私が“ラストJK”なので、制服を現役で着ている姿も最後になるんじゃないかな。皆さんにはこのページを見てほしいなって思います」と理由を明かした。

■ たくさんの人の心を動かせるように

また、活動の幅を広げる年となった2018年を振り返り、「上京して2年目ということで、新しいお仕事もたくさんさせていただきました。今後につなげていけるように頑張っていきたいなって思います」と、2019年に向けて意気込む。

11月9日(金)には初出演となった映画「ヌヌ子の聖☆戦~HARAJUKU STORY~」が公開。「原宿の物語なのでおしゃれに敏感な女の子にも見てもらいたいですけど、それ以外にも友情や自分のやりたいことでぶつかり合うシーンなどあるので、女の子だけじゃなくいろいろな世代の方に共感していただける映画になっていると思います。たくさんの方に見ていただきたいです。私が出てくるシーンを探してみてください」と笑った。

歌手としては12月21日(金)に東京・duo MUSIC EXCHANGEで4度目となるワンマンライブを控えている。内田は「たくさんの方に見てもらいたいし、年末なので今年の思い出になるライブになればいいなって思います」と、これまでで一番大きな会場でのライブに向けて目を輝かせた。

「2018年は初めてのお仕事が多くて不安や楽しいことなど、いろいろな感情があったんですけど、2019年はもっともっと努力をして、経験を積み重ねて、私のやっている活動を通して、たくさんの方の心を動かせるようになれればいいなって思います」とさらなる飛躍を誓い、プライベートについては「“ラストJK”なので、たくさんお友達を作って、楽しく高校を卒業したいです」と語った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168975/

あなたにおすすめ