ゴージャスヘアのキャサリン妃、カナダブランドのブレザーはメーガン妃の影響!?

Movie Walker

2018/11/10 19:15

メーガン妃効果はキャサリン妃にも波及しているようで、ついにキャサリン妃のワードローブにもカナダブランドが加わったようだ。

4月に第3子出産後、先月から本格的に公務に復帰したキャサリン妃は、今年も、ウィリアム王子とともに、イギリス南東部のスポーツ施設を訪れ、コーチ養成プログラム「コーチ・コア・エセックス」を見学。実習生や修了生などと面会したり、実習生とともに室内競技の講習に参加するキャサリン妃の気さくな様子が多くのメディアで取り上げられているが、注目はなんといってもファッションだ。

既にグレンチェックのワンピでしっかりトレンドを取り入れているキャサリン妃は、またもやグレーのグレンチェック柄のブレザーで登場。インナーは恒例のオールブラックで、ゴージャスなヘアスタイルにダイヤモンドのピアスという超シンプルな出で立ちだ。

ジャケットはカナダブランド、スマイスの625ポンド(約9万1000円)のもので、2016年のカナダ外遊の前や外遊中に意識的に着用していたブランドではあるものの、その後はあまり着用していなかったことから「キャサリン妃も、メーガン妃効果でお手軽でファッショナブルなカナダブランドをワードローブに加えたようだ」と紹介されている。

一方で、英国の欧州連合(EU)との離脱(ブレグジット)交渉が、今月21日までに妥結するのではないかと言われるなか、他国とのより緊密な関係を築き上げるためのメッセンジャーとしての役割を果たしているキャサリン妃が、外交の手段として今後意識的に多国籍ブランドを着用する可能性も指摘されており、今後のファッションにますます注目が集まっている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

https://news.walkerplus.com/article/167726/

あなたにおすすめ