冷えやむくみの原因にも!?O脚になるNG生活習慣

Life & Beauty Report

2018/11/10 20:00


気になるO脚。本当ならスタイルをよく見せてくれるミニスカートや素敵なデザインの靴も、O脚だと残念な印象になってしまいがちです。
O脚は見栄えが悪いだけでなく、実は冷え性やむくみの原因にもなります。

そこで今回は、ウォーキングインストラクターの筆者が、O脚になってしまう原因とO脚を美脚に導く方法をご紹介します。

美脚の女性

O脚の原因

O脚になる主な原因は、大きく分けて2つあります。一つは内股歩きで、もう一つは長時間の座り姿勢にあります。

内股歩き

内股歩きは脚の外側に力が加わるため、脚の内側の筋肉が弱くなってしまい膝がどんどん外側を向いていきます。
見た目が可愛いからと内股歩きをする人がいますが、美脚からはほど遠い脚になるのでやめましょう。

座り姿勢

会議中の女性

パソコン操作やスマホの操作をしながら座っている人の多くは、椅子の座面の前の方にお尻を置いて、背中を背もたれに寄りかからせる座り姿勢をしています。

この姿勢で何時間もいると、骨盤が後ろに傾いてしまいます。すると内股歩きと同様に膝が外側に開いていき、結果O脚になってしまいます。

また、座っている時に脚を組むのがクセになっている人も、外側重心となってO脚になりやすくなるので、今すぐやめましょう。

プロが教える!O脚を美脚に導く方法とは!?

内股歩きをやめる

内股歩きはつま先が内側を向いてしまっている状態です。まずは、歩く時につま先を外側へ向けるように意識しましょう。
道路の白線や、フローリングの板の目など、床にまっすぐの線が引いてあるところで歩き方を練習すると改善が見られやすいです。

歩く女性

また、骨盤が開いて外重心になっているO脚さんは、歩く時にお尻の穴を閉めるようにして膝と膝をすり合わせるように歩くのも効果的です。

正しく美しく座る

椅子に座っている美しい女性

座る時は背もたれに頼らず、骨盤をまっすぐ立てて座りましょう。ポイントは、お尻のすぐ下の脚の付け根に重心をドーンと乗せるように座ること。

椅子の高さは、太ももと床が垂直になる位置に調整しましょう。このポイントを抑えて座るだけで、意識しなくても膝がピタッとくっつき自然と脚の内側の筋肉が鍛えられて美脚へと導いてくれます。
また、背筋も自然と伸びるため、猫背の解消にも繋がります。

いかかでしたか? いつも当たり前に行っている「歩く」と「座る」を意識的に直すようにするだけで、O脚悩みは改善できるはずです。
まずは当たり前の動作を見直すことを意識して、継続するところから始めてみましょう。

すらっとまっすぐな美脚をあなたの代名詞にしてくださいね。

ライタープロフィール

ウォーキングインストラクター・松原永美里

ウォーキングインストラクター、姿勢と魅力の研究家。外資系金融企業で営業として勤務時代に、営業力を高めるために外見心理学を学ぶ。中でも、姿勢と歩き方を矯正することにより多くの人に受け入れられた体験からウォーキングインストラクターの道へ。銀座を中心にレッスンを提供。

【保有資格】

eikowalk認定骨盤ウォーキング(R)インストラクター/ベストカレッジ認定ウォーキングインストラクター/一般財団法人生涯学習開発財団認定イメージコンサルタント

あなたにおすすめ