天然?キンプリ平野紫耀“腰痛こじらせ”発言に監督ツッコミ「周りをこじらせるよね」

 King&Princeの平野紫耀(21)が10日、大阪市内で主演映画「ういらぶ。」の公開2日目舞台あいさつを行った。

 大歓声に迎えられ、「大阪は熱気が凄い。皆さん、目がギランギランですよ!」と満面の笑み。役のせりふ「おまえってマジ、ゴミな」を、「自分ってほんまにゴミやな」と大阪弁で言い換えて、ファンを喜ばせた。

 また劇中でよく登場する「こじらせてる」のせりふにちなみ、自身の“こじらせエピソード”を聞かれると、「正直なとこ、そんなにないんですよ。自分で言うのもなんですけど、素直なんで」とアピールした。「強いて言えば、腰痛ぐらいですね。半年前ぐらいからこじらせた」と本当の持病告白に、ファンも失笑。佐藤祐市監督に「発言で周りの人をこじらせるよね」と言われ、「気づいてなかった。今、初めて知りました」と返し、爆笑を誘った。

 共演の桜井日奈子(21)も平野の天然ぶりに乗っかり、「中学の頃から肩こりがひどくて」とこじらせ話を展開した。「バスケやってたんですけど、緊張するこうなっちゃう」と、肩を縮めて猫背ポーズ。佐藤監督から「ちょっとバスケやってみ?」と言われ、ドリブルを再現した。「良い感じの腰つき」と喜ぶ監督に、今度は平野が「どこ見てるんですか!」とツッコミを入れていた。

あなたにおすすめ