男性が「助けてあげたくなる女性」と「助けたくない女性」の大きな違い

愛カツ

2018/11/9 19:45


男性は女性から頼られたらうれしいものですし、手を差し伸べてあげようとだってするもの。

ただ、助けてあげたくなるような女性もいれば、「あの子の力にはなりたくないな」と感じてしまう女性もいるのも事実です。

そこで今回は、「助けてあげたくなる女性」と「助けたくない女性」の違いを紹介します。

男性が助けたくなる女性と助けたくない女性

■ 「丸投げ」をしてくる

「助けてほしい」と頼ってきたので手を貸してあげたら、自分では大して何もせずに丸投げをしてくる。

そんな行動を取ってくる女性には、怒りしか湧いてこないでしょうし、何もやってあげたくなくなるでしょう。

そもそも男性が思わず助けてあげたくなるのは、ギリギリまで自分で必死に頑張って、それでもなかなかうまくいかないというような状況の女性です。

自分では何とかしようとせずに、「任せちゃえばいいや」なんて考えの女性に、同情する男性なんてまずいませんよ。

■ 「手当たり次第」にお願いする

男性が助けてあげたくなるのは、「自分のことを頼ってきてくれる」女性です。

手当たり次第に色んな男性にお願いしたり頼ったりするような女性には、あまり進んで手を差し伸べようという気持ちにはなれないはず。

「助けてくれるなら誰でもいい」という思いが見え隠れしますし、「男たらし」のような印象さえも持たれてしまうかも。

気になっている男性がいるのであれば、まずはその男性に相談したり頼ったりしてみた方がいいでしょうね。

■ 「やってもらって当然」という姿勢である

助けてあげて最もガッカリするのが、「やってもらって当然」という姿勢を取られること。

きちんとお礼を言わなかったり、ムスッとふてくされていたり、なぜか文句を言ってきたり……。

そんなことをされたら、「助けるんじゃなかった」とか「二度と手を貸さない」と男性は確実に思うはずです。

あと、助けてもらっているくせに、「そうだと思った」などとわかっていた風に振る舞うのも、男性をものすごくイラッとさせるので、素直に感謝の気持ちを表すだけにしておきましょう。

■ 「日頃の態度」が良くない

普段は自分に対して冷たい態度を取ったりしているのに、困ったときだけ頼って来られても、男性も素直に「助けてあげよう」という思いにはならないでしょう。

また、いつもあまり真面目に仕事に取り組んでいない女性に「困ったから助けて」と言われても、「自分が悪いんだろ」としか感じないはず。

それだけ「日頃からの態度」というのは、いざというときに大きな影響を及ぼすものです。

ピンチのときこそ、自分の人望が表れるので、困っている人を見たら助けてあげるようにすると、いずれはそれが自分にも返ってきますよ。

■ おわりに

男性に助けを求める際に、そのやり方を間違えてしまうと、男性の気持ちは萎えてしまうはず。

お願いする謙虚な姿勢と感謝の思いはしっかりと持っていないとダメですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ