STU48三島遥香&矢野帆夏、阿波おどりで渋谷を練り歩き

dwango.jp news

2018/11/10 18:43


徳島県は東急グループの協力のもと、2018年11月1日(木)から「渋谷で徳島SHOW」と題し、徳島県が誇る豊かな食「阿波ふうど」を中心に渋谷でプロモーションを展開中だ。

10日(土)には、阿波おどりで徳島県の魅力を感じてもらおうと「渋谷de阿波おどり」を渋谷マークシティにて開催した。



徳島県の後藤田博副知事は「徳島は山、海、川と自然が揃っています。しいたけ、すだちなど、素晴らしい食文化とともに、徳島の良さをPRできればと、渋谷で徳島SHOWを開催しています。本日のこの渋谷de阿波おどりにも、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございます。阿波おどりをしっかり楽しんでください!」と挨拶。その後、STU48の三島遥香と矢野帆夏が徳島の魅力を来場者にアピールした。

徳島県の魅力について徳島県出身の三島は「一言で表すのは難しいのですが、やっぱり阿波おどり。あと、山、海、川が揃った自然です!今回、渋谷で皆さんに徳島の魅力を知っていただけるので、県民としてとってもうれしいです!」と話した。矢野も「徳島は自然豊かで食べ物がおいしいんです!皆さん、徳島について知らないことがたくさんあると思うんですが、渋谷のこのイベントで徳島に行ってみたいと思ったら、ぜひ実際に行ってみてください!」と呼びかけた。三島も、最後に「この秋は、渋谷で徳島を体感してな~」と徳島弁でかわいらしく「渋谷で徳島SHOW」をPRした。

三島と矢野は阿波おどりにも参加。渋谷マークシティの4階の道玄坂口から飲食店が立ち並ぶエリアを約30分ほどかけて、東京えびす連の総勢30名に加え、STU48の二人が“踊らにゃそんそん”のお囃子とともに盛大に練り歩き、徳島が世界に誇る阿波おどりで渋谷の人々を魅了した。週末の渋谷マークシティ内にお囃子が響き渡ると、阿波おどりを見に駆けつけた観客をはじめ、レストランで食事を楽しんでいたひとや通りがかりのひとも笑顔で手拍子をおくるなど、陽気なお祭りモードに包まれた。

阿波おどりを行った渋谷マークシティの4階では11月14日(水)まで徳島の観光スポットや文化などを紹介するパネル展を開催。阿波おどりにちなんだフォトスポットも用意され、鳴門海峡をはじめ、藍染やサーフィンなど、徳島の魅力を発見できる内容となっている。

東急百貨店 東横店では、「徳島物産展」を11月14日(水)まで開催中。徳島グルメが集結し、イートインコーナーでは地元で人気の高い「東大ラーメン」も楽しめる。渋谷エクセルホテル東急の日本料理「旬彩」、レストラン「ア ビエント」、渋谷東急REIホテルのレストラン「ハシュハシュ」では、「徳島料理フェア」を開催。ランチ、ディナーともに洗練されたメニューで、はもやすだち、阿波牛といった豊かな自然にはぐくまれた名産品を提供する。徳島の魅力を存分に味わえるイベントが盛りだくさんの「渋谷で徳島SHOW」を楽しんでいただきたい。

あなたにおすすめ