ソニンが華麗なる転身! ミュージカル界で大活躍する現在

クランクイン!

2018/11/10 17:30

 2000年代、歌手として活躍していたソニンが、6日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系/毎週火曜23時56分)に出演。華麗なる転身を遂げていることが分かった。

【写真】舞台で大活躍のソニン

女優の新妻聖子や、2.5次元ミュージカルで人気の伊藤優衣らと共に「もっと知ってよ! ミュージカル女優SP」という企画で登場したソニン。ソニンといえば17 年前の2000年、「EE JUMP」のメンバーとして一世を風靡したが、グループ解散後はどん底を経験。バラエティで1週間風呂にも入らず、6万個のドミノ並べにも挑戦するなど苦労した時期もあった。

ところが現在ではミュージカル『ミス・サイゴン』『スウィーニー・トッド』などで欠かせない存在として成長。今も帝国劇場で上演中の『マリー・アントワネット』の舞台に立っていると明かした。司会のくりぃむしちゅー有田哲平は「帝国劇場で!?」とびっくり。「ルミネとかじゃないの?」と東京・新宿にあるお笑い専門の劇場「ルミネtheよしもと」の名前を出しながら驚いていた。

そんなソニンのミュージカルにかける情熱は並々ならぬものがあることも判明。舞台終わりの楽屋では1台2万円相当する加湿器を作動させ、酷使した喉を潤しているという。さらに起床後は超音波で喉の筋肉をほぐし、日中も喉を冷やさないための機械を使用。また休演中の会話はすべて筆談で行うなど、「喉のためだったらなんでもやる」とそのこだわりぶりを明かしていた。

番組を視聴したとみられるミュージカルファンはSNS上で、「ソニンさん凄い人なんやぞ…」「テレビなどのメディアに出なくても『売れてる』んです」「舞台でめちゃくちゃ活躍してるよおおおおお」と訴えていた。

あなたにおすすめ