アイドル「超不作の年」、松本明子は『上履きを補充する係』

ザテレビジョン

2018/11/10 17:25

11月9日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、83年デビュー組アイドルの森尾由美、松本明子がゲスト出演。80年代、アイドル全盛期に感じた格差に嘆く場面があった。

「82年組」には小泉今日子、中森明菜、堀ちえみ、石川秀美、早見優、松本伊代ら。「84年組」には菊池桃子、荻野目洋子、長山洋子らそうそうたるメンバーが名を連ねていた。

そのはざま、「83年組」には森尾由美、松本明子の他、大沢逸美、桑田靖子、小林千絵など、「超不作の年」とも称される年代だったとか。

一番モテていたアイドルについて、森尾は「当時、公衆電話しかないんですよ。携帯もないし、ポケベルもないから…公衆電話から離れなかったのは…」と指さしたのは堀ちえみと石川秀美。ほかにも小泉今日子、松本伊代らも相当モテていたという。

そんな中、堀ちえみと同級生だった松本明子は、堀ちえみの盗まれた上履きを補充する係だった。

「学校では上履きが盗まれたり、私物が盗まれたりするんで、『おまえ補充しとけよ』と担任に言われて、放課後見回りして…」と当時を振り返った松本明子。

自分のは一度も盗まれなかったという松本明子は「毎日(学校に)行ってるから。生放送で放送禁止用語言って干されてから毎日学校行けた」と苦笑していた。

また当時大人気だった「アイドル水泳大会」や「グラビア撮影」での裏話を明かすなど、盛り上がりを見せていた。

次回の「ダウンタウンなう」は11月16日(金)放送。ゲストに岩城滉一&結城アンナ夫妻らが出演する予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168812/

あなたにおすすめ