千葉雄大が自身の“わがままボディ”を語る 「脱ぎます」宣言も

クランクイン!

2018/11/10 16:20

 俳優の千葉雄大が10日、都内で開催された『千葉雄大 CALENDAR 2019.1‐2019.12』発売記念握手会に登場した。千葉は自身の肉体を“わがままボディ”と評したほか、食をテーマにした写真集について「おかずじゃないですけど、お供になればいいかな(笑)」と語った。

【写真】『千葉雄大 CALENDAR 2019.1‐2019.12』発売記念握手会の模様

千葉自身の発案による「毎月なにかを食べている」写真とおまけショットで構成されている本作。千葉はその出来栄えを問われると「コンセプトとしては、1人でご飯を食べるのがさみしい。おかずじゃないですけど、お供になればいいかな」と笑顔を見せた。

「体型だったりとか、そういうのを気にしなくていいんだったら、全然食べたいです」と、食欲が旺盛であることを明かした千葉。自身の体型に話が及ぶと「見たいですか?」とジョークを飛ばし「自分では、わがままボディという風に。まあ、ご想像にお任せします。『anan』(のオファー)が来たら、脱ぎます」と続けて会場を沸かせた。

今年がどんな年だったか問われると「20代最後の年だったので、お仕事の面では、いろんな役を幅広くやらせていただいたりとか。あとは、海外に行くことがすごく多かったので、またちょっと違った刺激をいただきました」と回想。来年に向けては「今年は舞台は経験できなかったので、来年は舞台に出演したいなと思いますし、今、英語を勉強しているので、海外にも行けたら」と抱負を明かした。

写真集の撮影希望地として、米ニューヨークとアマゾンを挙げていたという千葉は、実際にニューヨークで写真集の撮影を行ったそうで「写真集は来年の春に発売になりますので、重ねてよろしくお願いいたします」と、ちゃっかり写真集を宣伝。

それぞれの地に惹かれた理由を聞かれると「ニューヨークは、僕、ミュージカルがすごく好きだったりとかするので、そういう文化に触れたいなっていうのがあります。アマゾンは、なかなか自分だと行けない。だからお仕事で行けたらいいなと」と話していた。

『千葉雄大 CALENDAR 2019.1-2019.12』は発売中。価格は2300円(税別)。

あなたにおすすめ