せっかくのチャンスが…恋を逃す「こじらせ女性」の共通点

愛カツ

2018/11/9 16:45


「恋をしたいのに、なかなか恋が実らない……」と、恋をこじらせてしまってなかなか彼氏ができない女性もいるはず。

彼氏ができない女性の中には自分で恋のチャンスを逃してしまっている人もチラホラ……。

そこで今回は、自ら恋のチャンスを逃してしまっている女性の共通点について、いくつか述べたいと思います。

恋を逃すこじらせ女性

■ 受け身は恋のチャンスを逃しやすい

肉食系女子といわれる女性は恋に対し、待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢なので、比較的彼氏もできやすかったりします。

けど、女性の中には恋に積極的になれない草食系というか、受け身な人もいますよね?

男性がビビって逃げてしまうので、あまりガツガツアプローチするのもおすすめしませんが、受け身すぎなのもいかがなものかと……。

好きな男性がいるのなら少しずつ距離を縮めて、自分から食事に誘ってみるなど、行動に移してみるのがよいでしょう。

もし『脈あり?誘ってもいいのかな?』と迷っているなら、信頼できる友達に相談してみるのもいいと思います。

恋していると、どうしても自分を冷静に見られなかったりしますからね。

友達の意見も参考に、自分から進めていったほうが、恋は実りやすいかもしれません。

■ 素直じゃない!アマノジャク女子はこじらせる

女性の中にはなかなか素直になれないアマノジャクな人もいるでしょう。

けど、これかなり損です。
素直になれないのは、後悔すること必至ですもん。

ホメられて、本当はうれしいのに素直に喜べない。
告白されたけど恥ずかしさから「冗談やめてよ」と笑って流してしまう……。

それでは男性も『好かれてないのかな?』と、脈なしとカン違いしてしまい、近寄りづらくなってしまうでしょう。

恥ずかしさから「どうしても素直になれない」という女性もいるかもしれません。

たしかに、好きな人と面と向かって、となると恥ずかしいですよね。

もし面と向かっているときは素直になれないというのなら、素直な気持ちはLINEで送るでもいいと思います。
その方が気持ちは伝えやすいのではないでしょうか?

「今日〇〇くんに褒められてちょっと嬉しかった」
「冗談でしょって流しちゃったけど、本当は私も前から好きだった」

こんなLINEが来たら、男性だって嬉しいですって。

■ 主導権を握ろうと駆け引きすると、恋はうまくいかない

恋愛は対等なものなのに、ときどき、どうしても主導権を握ろうとする人がいます。

しかし、無理に駆け引きをして、相手にそれが伝わってしまうと、相手にとってはあまり気持ちの良いものではありません。

ほんとうに駆け引きが上手ならアリかもしれませんが、下手に駆け引きするのは、せっかく実りかけた恋も残念な結果にしかねないので注意しましょう。

あえて既読スルーをしたり、ちょっと素っ気ない態度をしたりする女性もいるでしょう。

もちろん相手の男性が追いかけてくるのならいいのですが、『好かれてないんだろうな…』とあきらめて、他の女性に目を向けたら後悔しませんか?

せっかくの恋のチャンスがもったいないですよ。

恋を実らせたいのなら、無理に駆け引きをしないことです。
そのままのあなたで接したほうが、相手の男性だって近づきやすいですから。

■ これ以上こじらせないために

恋が実りにくいのは、もしかしたら自分に問題があるかもしれません。

こじらせないためにも、見直せるところは少しずつ改善しましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ