ASKA「どんだけ~」逮捕後初ライブはモノマネ披露/『まんぷく』の由来、NHKアナも知らなかった<今週の見逃しニュース>

女子SPA!

2018/11/10 15:45



年末恒例、「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補が発表されました。今年は特にスポーツ関連が多かったようです。個人的には、日本ボクシング連盟・山根明前会長(79)の「12時を過ぎてもおはようございますでございます」がなかったのが残念でございます。

では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆①田中圭 流行語ノミネートに「すごい。だいぶ遠い所へ…」と感慨

デイリースポーツ 11/7(水)ほか

というわけで、芸能界からも流行語が生まれました。社会現象にもなったドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は、タイトルそのものがノミネート。

7日、「スーツオブザイヤー2018」の表彰式に出席した田中圭(34)も、これにはびっくりしていた様子。「『おっさんずラブ』という作品が僕らのところを離れて、だいぶ遠い所へ行ったね」と、ドラマのプロデューサーと喜びを分かち合ったのだそう。

そんな田中さんも、ドラマだけでなくバラエティ番組にも引っ張りだこ。本当に何がきっかけになるか分からないものです。

◆②上戸彩、娘とムービー投稿にハマる「変な映像を投稿しないように…」

サンケイスポーツ 11/6(火)ほか

5日、上戸彩(33)が「TikTok」の新CM発表会に出席しました。若い女性に大人気の動画投稿サイトで、上戸さんも3歳になる娘さんと楽しんでいるんだとか。

ステージ上でさっそく動画投稿に挑戦すると、「すごく簡単。初心者なので変な映像を投稿しないように気をつけます」と感想を話していました。

夫のHIROさん(49)も入って「Choo Choo Train」のダンスでも投稿したら、さぞかしバズるんでしょうね。

◆③ASKAまさかの第一声「お待たせ~」「どんだけ~」 覚醒剤逮捕後初のライブ

デイリースポーツ 11/6(火)ほか

5日、ASKA(60)が東京国際フォーラムでライブを行いました。14年に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来、初のライブということで、ASKAさんも上機嫌だった様子。

トークコーナーでは、「お待たせ~!!どんだけ~!!まぼろし~!!」と、IKKO(56)のモノマネまで披露するサービスっぷり。

元気そうでホッとしましたが、「まぼろし~!!」だけはシャレにならないような……。

◆④吉田栄作 幼少期は超貧乏 空きびん拾って小遣い稼ぎ、やかんのお湯で風呂に

スポニチアネックス 11/4(日)ほか

吉田栄作(49)が4日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日テレ系)に出演し、幼少期の貧乏エピソードを披露しました。

9歳のとき、お父様が経営していた問屋が倒産したことから始まった貧しい生活。「校庭や川沿いに落ちている空きびんを拾い、駄菓子屋に持っていくと10円になる」と、当時の小遣い稼ぎを生々しく語っていました。

50歳を前にますます渋みを増す吉田さんの原点には、ノーマネーからスタートの過去があったんですね。

◆⑤高瀬アナ「まんぷく」の由来を最近知る 和久田アナもネットも「ええ?」TVで

デイリースポーツ 11/7(水)ほか

現在放送中のドラマ『まんぷく』(NHK)。タイトルの由来について、同局の高瀬耕造アナウンサー(49)が、つい最近まで気づかなかったと告白し、話題になりました。

4日放送の『おはよう日本』の最後で、「実は、まんぷくの『まん』は、萬平さんの『萬』、ふくは『福ちゃん』の『福』って気づいたの、つい最近なんですよね」と打ち明けたのです。

すると、いっしょにキャスターを務める和久田麻由子アナウンサー(29)から「ええ?ちょっと遅い」とツッコまれ、番組を観ていたネットユーザーからも「今頃気づいたの?」との声が上がりました。

こうして高瀬アナが小さなボケをかませる限りは、日本は安泰なのかもしれません。

<文/沢渡風太>

あなたにおすすめ