飼い犬の足が散弾銃の引き金に接触 撃たれた74歳男性「もちろん許す。いい犬だから」(米)

飼い犬3頭と狩猟へ向かう途中にとんでもないアクシデントが起こってしまった。飼い犬の1頭が誤って軽トラック内に載せてあった散弾銃の引き金を引き、飼い主を撃ってしまったのである。『ABC News』『indy100』などが伝えている。

米ニューメキシコ州在住のテックス・ハロルド・ジリガンさん(74歳)は、同州ラスクルーセス西部にある砂漠へ野ウサギを狩りに行くために、チャーリー、スクーター、カウボーイという3頭の飼い犬を連れて軽トラックに乗り込んだ。

軽トラック内に置かれていた散弾銃は、銃口がテックスさんのいる運転席に向けられていたようだ。そしてこれが思わぬアクシデントを招くことになってしまった。

前の座席にいた体重54kgほどになるロットワイラーのミックス犬チャーリーが、体を滑らせた。その瞬間、チャーリーの足が銃の引き金に引っかかり、銃弾が放たれてしまったのだ。突然体に銃弾を受けたテックスさんは、すぐに車を止めてあたりを見回した。はじめは飼い犬が自分を撃ったなどと思えるはずもなく、どこからか狙撃手に撃たれたと勘違いし「一体誰が…」と恐怖に慄いた。だが周りには誰の姿もなく、ようやく飼い犬に撃たれたと気付いたテックスさんは、携帯電話で911に緊急通報した。

テックスさんは普段、猟に出かける時は携帯電話を持って行かないという。しかしこの日は少し前に豪雨だったこともあり、万が一雨が降って戻れなくなった場合には子供たちへ連絡するつもりで携帯電話を持参したそうだ。

通報を受けて駆けつけたドニャアナ郡保安官事務所の保安官やニューメキシコ州警察、アメリカ合衆国税関および国境警備局の職員らは、軽トラックのそばで胸を撃たれて横たわっているテックスさんを発見し、テキサス州エル・パソ大学医療センターへ搬送した。この時、テックスさんは飼い犬を庇おうとしたのか「自分で誤って銃を撃ってしまった」と話していたようだ。

医師の診察によると、テックスさんは肋骨3本を骨折、肺には穴が開き肩甲骨が損傷していたが、医師はこれ以上肺を傷つけないためにも銃弾を体内にそのまま残しておくほうが最善であると決断した。その後、少し元気を取り戻したテックスさんはこのように語っている。

「胸に穴が開いて、大量に出血していたんだ。犬が人間を撃つなんてことが、まさか起こると思ってもいなかったよ。もちろんチャーリーは撃つつもりなんてなかったから、許すよ。とてもいい犬だからね。」

なお、今回の件は事故として処理されている。

画像は『ABC News 2018年11月1日付「Dog shoots man, man survives, defends dog: ‘He didn’t mean to do it. He’s a good dog.’」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ