小室哲哉氏のプチリサイタル公開 エイベックス・松浦会長「どこか物悲しそうだった」

 エイベックスの松浦勝人会長(53)が9日、自身のインスタグラムを更新。1月に引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉氏(59)の“プチリサイタル”の映像をアップし、反響を呼んでいる。

 松浦氏は“TK petit recital”として、小室氏が安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」やTM NETWORKの「Get Wild」といった代表曲をピアノで演奏するダイジェストで公開した。

 「仲間の前で久々に少し照れながらピアノを弾いてくれた。その姿はどこか物悲しそうだった。そして聞いている人は泣いていた」と久しぶりの小室氏の演奏に感慨。「僕は昔、avexの店でピアノを何時間も一心不乱に弾き続ける小室さんをみて大きな決断をしたことを思い出した。正直こんな天才はもう出てこないだろう。そう思ったからあの時も決断をした」と回顧しつつ、「しかし、またその才能を何かに奪われたような気がして悲しくてならない。どうにかこの才能を応援し、これからも彼に付いていくつもりだ」と思いをつづった。

 この投稿に、「素晴らしい!!!!!」「感動」「しんみりじんわり思いが。ありがとうございます」「素敵。ジーンとします」「元気をいただきました」「小室さんの偉大さを感じます」と感動を伝える書き込みが多数。これに加えて、「きっとまた、表舞台で会えるの待ってます」「復活!!を待ち望んでいます」「いつか、いつの日か新曲と共に帰って来てください」「小室さんの才能をまた発揮してほしいです」「ファンが1人でもいる限り引退はしないでほしいです」などと復活を望む声も多く寄せられている。

あなたにおすすめ