菅田将暉、今カノ&元カノの対面シーン「気まずかった」趣里の脚力に驚きも

Movie Walker

2018/11/10 13:25

本谷有希子の同名小説を映画化した『生きてるだけで、愛。』(公開中)の公開記念舞台挨拶が11月10日に新宿ピカデリーで開催され、趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、関根光才監督が登壇。今カノと元カノが対面するという、劇中の修羅場を振り返った菅田が「気まずかった」と語った。

本作は、鬱が招く過眠症で引きこもり気味の寧子と、彼女に理不尽な感情をぶつけられても静かにやり過ごしてしまう同棲中の恋人・津奈木の姿を描くラブストーリー。趣里は「寧子は表現の仕方が激しかったりするんですが、人間みんな、心になにか持っているのではないかと思う。すごく共感ができた」と演じた役柄に心を寄せた。

寧子の恋人・津奈木に扮した菅田は「台本には、走ってる姿の“揺れるスカートが美しかった”とあるんですが、本当にきれいだなと思いながら演じていた。まんまでした」と趣里の疾走シーンの演技を絶賛。「ずっと走ってたよね」と続け、「速いんですよ。全身を使って走る」とその脚力にびっくり。趣里は「アドレナリン出ちゃって。菅田さんはこのままでいてくださるので、こちらもそのままでいられた」と自然体でいられたのは、菅田のおかげだと感謝していた。

津奈木の元恋人・安堂役を仲が演じており、津奈木に未練たっぷりの安堂が、同棲中の寧子&津奈木のマンションを押しかける場面もある。趣里は「圧倒された」と仲の“元カノぶり”におののいたようで、菅田も「マジで気まずかったもんね」と告白。趣里が「すごい状況ですよね!元カノといまの彼女がいて…」と劇中の修羅場を振り返っていた。

またタイトルとかけて、「これだけあれば、愛を感じるもの」を発表するひと幕も。関根監督の「ひととちがうだけで、愛」とのしっかりとした回答の後に、菅田は「そういうことなの!?これ」と頭をかき、「自分の好きなものでいいんですよね」と自分の回答に自信なさげ。「俺、間違えたな」と言いながら思い切って掲げたフリップには「焼売には辛子だけで、愛」と書かれていた。場内も爆笑となるなか、菅田は「辛子だけでいい」と言い切るが、趣里をはじめ西田も「辛子、酢醤油」と好みを語っていた。

趣里は「おひとり様だけで、愛」とのこと。「一人が好き。一人でカラオケに行くのも大好き。ちょっとした旅行も行く。それが楽しい」と明かすと会場からも賛同の声があがり、「よかった!一緒!」と笑顔を弾けさせていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

https://news.walkerplus.com/article/168934/

あなたにおすすめ