いよいよ中村倫也が始動!中島健人&遠藤憲一と“イイ男の三つどもえ対決”に注目<ドロ刑>

ザテレビジョン

2018/11/10 12:31

11月10日(土)の「ドロ刑-警視庁捜査三課-」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)は第5話を放送する。第5話では中村倫也演じる皇子山刑事に注目だ。

■ 「ドロ刑―」のあらすじをおさらい!

本ドラマは、Sexy Zone・中島健人が主演を務める刑事ドラマ。主人公・斑目(中島)は、窃盗犯を取り扱う捜査三課に異動したばかりの新米刑事。警視庁もその正体を知らないという伝説の大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)と偶然出会ったことから、泥棒に刑事が「泥棒の心理は何なのか」「泥棒を追う刑事の極意とは」を教え育てるという異色のストーリー。

また、斑目の配属された13係は「精鋭部隊」と聞いていたが「いなくてせいせいする人たちの集まり」だった事が発覚。ひょうひょうとした女性係長の鯨岡(稲森いずみ)、殺人事件を扱う捜査一課出身の皇子山(中村)、音楽隊から抜てきされた美希(石橋杏奈)など、キャラクターの濃いメンバーたちが顔をそろえる13係。

不協和音しかないように見えて、第4話では大物スリ集団にチームワークで対抗し逮捕にこぎつけるなど、これから13係はうまくいくのかも!?と期待感を持てる物語が描かれた。

■ 今夜放送!第5話はどうなっちゃうの?

ところが、13係の結束にいまいち協力的でない人物がいる。これが、皇子山だ。皇子山は、元々エリートコースを歩んでいたが、なぜか捜査三課13係に配属され、煙鴉が関与しない事件には冷めきった態度をとっている。

そんな皇子山を、鯨岡は斑目に内部監察するよう命令。「同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だ」とおだてられ、すっかりその気になった単純な斑目は、その事をうれしそうに煙鴉に報告する。そんな中、斑目は空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠(こうもり)”こと東村(三遊亭好楽)の事件も追うことになる。

一方、皇子山はいまだに本物の煙鴉だと気付いていないが、煙鴉の身辺を嗅ぎ回っていた。皇子山に「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」と意味深な言葉を送った煙鴉の思いは一体何なのか。

■ 中村倫也が抜てきされた理由が分かるかも

斑目は皇子山を、皇子山は煙鴉を、煙鴉は斑目の仕事ぶりを、それぞれに「追う・追われる」の三つどもえの状態が鮮明に描かれる第5話。後半戦へ向かって物語が動き始めることは間違いなさそうだ。

これまでは美脚に目がなく変態っぽい姿が印象的だった皇子山。彼の“本質”が見えてくると、中村が皇子山役に抜てきされた理由も見えてきそうだ。さらに、中島、遠藤という“イイ男の三人対決”という構図は視覚的にも、物語を楽しむ上でもぜいたくな時間となるだろう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168971/

あなたにおすすめ