「K SEVEN STORIES」ED主題歌を網羅したangelaのミニアルバム、アートワーク公開

アニメハック

2018/11/10 12:00

 2人組みユニット「angela」が歌う、劇場アニメ「K SEVEN STORIES」シリーズ6作品のエンディング主題歌を網羅したミニアルバムのタイトルが「K SEVEN SONGS」に決定し、ジャケットデザインが公開された。柔らかい表情を浮かべた周防尊(すおうみこと)、謎の少年、伊佐那社(いさなやしろ)、宗像礼司(むなかたれいし)といったメインキャラクター4人が描き下ろされている。

「K SEVEN STORIES」は、「王」と呼ばれる存在や、そのもとへ集った特異能力者たちの戦いを描くオリジナルテレビアニメ「K」シリーズの新作劇場版。7月の「Episode1 R:B ~BLAZE~」を皮切りに、8月に「Episode2 SIDE:BLUE ~天狼の如く~」、9月に「Episode3 SIDE:GREEN ~上書き世界~」、10月に「Episode4 Lost Small World ~檻の向こうに~」が公開され、11月3日からは「Episode5 メモリー・オブ・レッド ~BURN~」が上映中。12月1日には「Episode6 Circle Vision ~Nameless Song~」の公開も控える。「angela」は、全作共通のオープニング主題歌「SURVIVE!」のほか、各作品のサブタイトルを冠したエンディング主題歌を担当している。

「K SEVEN SONGS」は11月28日発売。エンディング主題歌6曲を収録したCDと、オープニング主題歌のミュージックビデオとCMスポットを収めたブルーレイがセットになり、初回製造分のみジャケットイラストステッカーが封入される。作品公式サイトと「angela」の公式サイトでは、法人別オリジナル特典のデザインを公開中。

あなたにおすすめ