15分以内に作れる! 忙しいときのお助け主菜レシピ5選

E・レシピ

2018/11/10 08:00

気づけば今年も残り2か月弱ですね。年末が近づくにつれて、忙しさが増す人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、15分以内で作れる、お助け主菜レシピを5つご紹介。時間がないときでも、パパッと作れて便利です。

■家にある調味料で作れる! 人気のガリバタチキン

出典:E・レシピ

ガーリックとバターの風味がたまらない「ガリバタ」の主菜は子どもから大人まで人気の料理。このレシピでは、鶏むね肉と赤パプリカ、シメジ、白ネギ、輪切りのニンニクを炒めます。そして、調味料とバターを加え、バターをからめながら炒め合わせれば完成です。

仕上げにお好みでパセリを添えてからいただきましょう。こんがりと焼けた鶏肉はジューシーでご飯が進みます。食材にエリンギやエノキ、薄切りにしたニンジンを加えても美味しくいただけそうです。自宅にある調味料で簡単に作れるので、時間がない日のランチや夕食に最適!

■焼肉のタレを使う、ボリューム満点な野菜炒め
焼肉のタレを使う、ボリューム満点な野菜炒め

出典:E・レシピ

自宅にある食材で時間をかけずに主菜を作りたいときは、こちらのレシピがピッタリ! 焼肉のタレで作る野菜炒めです。豚肉と野菜がたっぷり入っていて、ボリューム満点。育ち盛りの子どもも大満足しそうです。

ボリュームアップしたい場合は、キャベツやピーマン、キクラゲを加えてもいいでしょう。冷蔵庫にある残り野菜を使うのも◎。このレシピを美味しく作るコツは、炒めた食材に焼き肉のタレを加えて、手早く炒め合わせること。野菜を炒めすぎると、水気が出てしまうので気をつけてくださいね。ぜひお試しを!

■味つけも簡単! 塩昆布たっぷりの豚肉と昆布の炒め物
味つけも簡単! 塩昆布たっぷの豚肉と昆布の炒め物

出典:E・レシピ

忙しいときのナンバーワンお助けレシピはこちら。塩昆布がたっぷり入った炒め物です。作り方は、フライパンにサラダ油、ショウガを入れて弱火にかけ、香りがたったら強火にして豚バラ肉を色が変わるまで炒めます。そして、玉ネギ、ニンジン、ピーマン、シメジを加え、全体にしんなりするまで炒め合わせましょう。片栗粉と合わせた麺つゆ、塩昆布を加え、ザッと炒め合わせて器に盛れば完成です。

お好みでホウレンソウやキャベツ、小松菜を加えても美味しくいただけます。多めに作っておき、翌日のお弁当のおかずにしてもオッケー。

■やさしい味で心身ともに温まる、ホウレン草あんかけ豆腐
やさしい味で心身ともに温まる、ホウレン草あんかけ豆腐

出典:E・レシピ

寒い日に作りたいのが、とろ~りと美味しいあんかけ豆腐です。こちらのレシピなら時間がないときでも、ササッと作れます。具材に火を通した後、合わせておいた調味料を加えて煮るだけなのでとっても簡単! ご飯のおかずとして丁度良いやさしい味で、心身ともにポカポカに。

お好みでキノコ類を加えても良さそうです。またホウレンソウを小松菜やニラに代えてもいいでしょう。ご飯にのせて丼にするのもオススメです。ヘルシーなので、ダイエット中や風邪気味のときにも最適。これからの季節、何度も作りたくなりそうですね。

■お弁当のおかずにもピッタリ! 歯ごたえがくせになるエノキロール煮
お弁当のおかずにもピッタリ! 歯ごたえがくせになるエノキロール煮

出典:E・レシピ

翌日のお弁当のおかずも一緒に作ってしまいたいときは、こちらのレシピを作るといいかもしれません。エノキを豚肉で巻いてトマトソースで煮るだけの時短レシピです。トマトジュースをベースに味つけするため、カロリー控えめでサッパリとしています。仕上げにお好みでパセリを散らしてからいただきましょう。

コリコリ食感のエノキとジューシーな豚肉のコラボがくせになる美味しさ。材料のローリエがない場合は、省いても問題ありません。多めに作れば、翌日のお弁当のおかずにもなって便利。ビールとの相性もバツグンです。

今回ご紹介したレシピは短時間で作れるだけではなく、お財布にもやさしいのが魅力です。忙しい日はもちろんのこと、給料日前に作るのもいいでしょう。ぜひお試しください。

(木下あやみ)

あなたにおすすめ