「イメージと違う」で別れずに「ダメなとこも含めて大好き」なカップルが考えてること

ハウコレ

2018/11/10 11:00



どうもあかりです。彼氏がいないから「イイ人いないかな」と思っている人って多いですよね?でも、そんな考え方的な視点で恋愛して付き合うと「あれ?この人こんな性格なの?」とがっかりすることも…。これは、商店街の福引と何ら違いがありません。福引をガラガラ回して白い玉が出て「あ~外れだ~」、金色の玉が出て「よっしゃ~特賞だー!」と一喜一憂しているのと本質的には違いがないからです。をすることは、商店街の福引と何ら違いがありません。福引をガラガラ回して白い玉が出て「あ~外れだ~」、金色の玉が出て「よっしゃ~特賞だー!」と一喜一憂しているのと本質的には違いがないからです。

こういう人たちは、出会って、付き合ってみて、その最初の時点の感触(その人のことが現状大好きかどうか)のところでプロセスが終わってしまっているんです。

恋愛がミステリアスで、意味深で、ドキドキするのは、白い玉を引いても、それが後になって特賞に化ける可能性があること、というより、特賞に育てることができるところです。今日は、「『「イイ人と付き合う』」じゃなくて『「今の関係を好きになる』」交際のススメ」と題して、付き合ってみて終わりじゃない、付き合ってから、どうやってその彼氏との関係を掘り下げて、そして好きになっていくかという部分にフォーカスします。そして、そのために中でとくに意識してみたらいいのでは、と思う部分をご紹介します。

■■「嫌なところ」が見えても心のシャッターを下ろさ投了しない
「あんなに好きだったのに、最近なんだか相手の嫌なところが目に付く」というのは、交際してからしばらくして訪れる分岐点です。「分岐点」と言ったのは、そこで「もういいや」「なんかもう無理」と投了をしてしまう人と、「ここからだ!」と逆に気合を入れる人とで二手に分かれ始める地点だから。

「大好き」「愛してる」という感情を抱くまでになるに至るようになるためには、「嫌いなところも含めて好き」という「相手を認める」という理解状態がである必要があるというのだということはみなさんも分かっている理解していると思います。それはなぜなら「嫌いなところも含めてその人」だからですよね。

だとすれば、「好きになって、付き合ってというのは単なる助走でしかない。本番は、「嫌いなところ」が見え始めてから。嫌なところが見えてきただけで恋を終わらせ投了していたら、いつまでも本当の恋には触れられません。たとえあなたが一番大好きな芸能人と付き合っても、必ず「嫌な部分」は出てくるわけですから、極論。

だから大切なのは、「嫌な部分がない完璧な彼氏」と付き合うことよりも、嫌な部分が出てきてから、自分の考えを伝えて、彼と話し合って、うまく彼と折り合いをつけながら、嫌いな部分をひっくるめて好きと思えるような恋愛の仕方ができるようになること。好きな人の「嫌な部分」にも逃げずに立ち向かって、こういう能力が身についてくると、きちんと好きになった人と付き合えば、ちゃんと「そりゃ悪い部分があるのは当然だけど、この人のこんなところが好きだな」と思えるような恋ができるようになると思います。

たしかに実際の場面で相手の嫌な部分が見えたら、イライラするし、「こいつヤダ」と思うのが本音かもしれないけど、その瞬間をこういう視点で捉えられるようになれば、別れることなく、お互いを理解し合ってさらに気持ちを高め合える少しはモチベーションが上がるんじゃないでしょうか。

■■彼の能力不足より、情報不足を憂う
さみしい気持ちになったり、彼のエスコート力やコミュニケーション能力に疑問符がつくことがあっても、「彼はイイ男ではないのかも」と思うよりもまず「私のことあんまりわかってないのかな」と思うようにしてみましょう。

プロのスポーツ選手でも、試合前は対戦相手の試合映像を入念に見て分析してから試合に臨むんですから、私たちのような素人がする恋愛であれば、「自分が持ってる能力」以前に「相手のことをまず知ること」が大切なのは言うまでもありません。

しかも残念ながらYoutubeを見ても恋人の過去の試合映像(恋愛遍歴)は出てきませんから、情報源は本人のみ。それなのに私たちが付き合った段階で相手について知っていることは、「この人は私のことが好きらしい」という事実と、あとは友達でも知っているような基本プロフィールに毛が生えたレベルの知識です。

それだけを用いて、相手のことを嫌な気持ちにさせず、四六時中気持ちよく過ごさせてみよ、というのがどだい無理な話なんですよね。だから前提として、基本「彼はあなたのことを知らない」。能力がないからできないんじゃなくて、知らないからできない。

なんでも腹を割って話し合うことができているカップルが理想的で、実際ラブラブで長続きできているのは、「意見を言える人たちそういう性格の方が恋愛に向いてる性格だから」というより、単純に相手のことがよくわかってるから、仲もいいし、居心地がいいからなんだと思います。

カップルになったら、「なんでも話していい」ことが最大の特権です。友達だったら「それ聞くのかよ」と思われてしまうようなことでもなんでも突っ込める、突っ込まれる。「好き好き大好き~♡ちゅきちゅき大ちゅき!」というのも大切ですが、そういう浅瀬でピチャピチャやってるだけじゃなくて、たまには深く、ダイブしてお互いのリアルを覗いてみましょう。

■■おわりに
もちろん、結局最終的には「好きかどうか」という主観の問題なので、こういう視点で付き合っていても、どうしてもうまくいかないということは全然ありうるんだと思います。

だけど私が大事だと思うのは、仮に結果的にはうまくいかなくても、全ての恋に、ひとつひとつこういう姿勢で取り組むこと。これを通じて、今の関係をちゃんと深く掘り下げて、付き合ったときよりも相手のことを好きになり、付き合ったときよりも相手に愛されるのに必要な「交際力」が身についてくる。

そして、本当に特賞に化ける可能性のある白い玉に出会ったときに、それをみすみす逃してしまわないように、平たく言えば、「実は運命の人だったのに別れてしまった」ということがないようにしてほしいんです。だって、「この人との出会いは運命だったんだ」みたいなのって、後になって(それこそ結婚したりした後で)振り返って思うものであって、その恋が始まった直後にすぐにわかるものじゃないわけだから。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ