フット後藤、長嶋一茂の健康マニアぶりに「うるせえですね(笑)」


元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂とお笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基が、11月26日にTBSで放送されるバラエティ特番『こんな私は何を食べればいいですか?』(19:00~21:00)で、MCとして初タッグを組む。8日、都内スタジオで行われた収録後に取材に応じ、収録の感想を語った。

同番組は、高血圧、高血糖、肩こり、老眼など、誰もが気になる身体の悩みを改善する「食材」と「効果的な食べ方」を専門家が徹底解説する健康バラエティ。さらに、食と健康に並々ならぬこだわりを持つ超健康マニアの一茂が独特な食生活も明かす。

収録では、一茂が知っている知識を熱く語る場面が多く見られたが、後藤は「ハワイに詳しいとか、ワインに詳しいとかは知ってましたけど、食全般に詳しいっていうのはすごい」と感心した上で、「いかんせん、うるせえですね(笑)」とコメント。そういじりつつ、「とにかく知識があふれてくるみたいなのがあって、そこがこの番組の見どころの一つだと思います」と話した。

一茂は「後藤さんとは番組で何度かご一緒させていただいて、(この番組の)お話をいただいたときはすごく楽しいんじゃないかな」と後藤とのタッグを楽しみにしていたそう。「僕はプロ意識は正直あんまりないし、この番組が編集されておもしろくなろうがつまんなくなろうが知ったこっちゃない。そんなこと気にして僕はやらないです。僕は僕が楽しまなきゃいけないので、後藤君と楽しめると思った」と一茂らしい本音を交えながら語り、「けっこうな収録時間でしたけど、すぐ終わった感もあったし、楽しかったし、いい刺激になりました。後藤君ありがとう」と後藤に感謝した。

また、番組の魅力について、後藤は「健康番組ってけっこう目にすること多いと思いますが、生活を無理やり改善していかないといけないというのが多いと思います。これを足せばいいという、足すだけであることが改善できるというのは、みなさんやりやすいんじゃないかなと思いました」と、簡単にできる健康情報が学べるとアピール。

一茂は「ケガをしたり病気になったらお医者さまにかかりましょう、という意識ではもうダメ。自分で病気にならない、未病にするっていう予防意識を持たないといけないんじゃないかなと思います。なるべく体にいいこと…この飽食の時代に、いろんな化学製品や添加物とか体にいいわけないから、よりいいものを食べて、それで病気にならないという意識をこの番組通して発信できたら」と語った。

あなたにおすすめ