孫の親権得るため、祖父母が息子と別れた嫁を生き埋めに(ブラジル)

息子と別れることになった嫁のせいで可愛い孫にも会えなくなってしまうことを恐れた祖父母は、あろうことか嫁を殺害し孫の親権を得ようとした。このほどブラジルで起こった凄惨な事件が『Metro』などで伝えられた。

ブラジル・サンパウロ郊外の住宅地にある一軒の賃貸民家で、2児の母マルシア・ミランダさん(41)の遺体が発見された。新しく新設されたパティオ(中庭)の1.7メートル下にミランダさんを埋めたのは、マルシアさんの義理の両親だった。

ソーシャルサービスマネージャーだったマルシアさんは、4歳の息子と生後9か月の娘の父親であるパートナーと離婚の手続きをしていた。自分の息子と別れることで、可愛い孫たちにも会わないでほしいとけん制されたマリア・イジルダ(60歳)とフェルナンド・デ・オリベイラ(62歳)は、マルシアさんを亡き者にすることを決意。10月2日、孫のために新しい口座を開くことを口実にマルシアさんと銀行で待ち合わせたマリアとフェルナンドは、マルシアさんに車の中で「息子と別れた後、あなたが子供たちと住める家を実は借りてある」と話し、賃貸した不動産を見に行こうと誘った。

その話を信じて一緒に民家にやってきたマルシアさんの隙を突いて、マリアとフェルナンドはマルシアさんの頭部を殴り、中庭に埋めた。捜査官の話では、マルシアさんの頭頂部には殴られたような痕があり、首には絞められた痕もあったことから、生きたまま埋められたか首を絞めてから埋められたかのどちらかだと推測されている。

発見時、マルシアさんの遺体は既に腐敗がかなり進んでおり、指紋のみが唯一本人と特定できる手掛かりであった。捜査ではマルシアさんは生き埋めにされた可能性が高いとみているが、法医学研究所での検査が進められており、マルシアさんがどのようにして死に至ったかという詳細の解明に急いでいる。

マルシアさんが10月2日に子供たちのもとへ戻ってこなかったことを心配した身内が警察へ通報し捜査を開始したが、マルシアさんの行方がわからなくなった3日後、マリアとフェルナンドは警察に「マルシアに銀行で会ったが、その後車で誰かに誘拐された」と話していた。しかし、防犯カメラの分析や目撃者らの供述により、容疑はマリアとフェルナンドに向けられた。2人はマルシアさんが行方不明となる3週間前に家を借り、マリアが9月20日に賃貸の家の鍵を受け取りに来たこと、フェルナンドはその何日か後に穴掘り用の道具や建設材料を購入していたことが明らかになった。マリアとフェルナンドは死臭を隠すために遺体を埋めた後、コンクリート板まで敷き詰めていた。

マルシアさんの身内によると、孫を溺愛していたマリアとフェルナンドは「おばあちゃん」「おじいちゃん」ではなく「ママ」「パパ」と孫に呼ばせていたようだ。孫たちを自分たちの手で育てたかったために、子供たちから唯一の母親を奪ったマリアとフェルナンドは、逮捕後も法医学検査が完了するまで更に30日間拘留されることが決定した。その後、2人には殺人罪、拉致罪、遺体の隠ぺい罪などで起訴される可能性があるという。なお捜査で、子供たちの父親は今回の犯行に一切関わっていないことが明らかになっている。

画像は『Metro 2018年11月8日付「Couple ‘buried daughter-in-law alive in concrete’ to gain custody of grandkids」(Picture: FocusOn News)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ