木下優樹菜『生後7カ月』の赤ちゃんに「ケンカ口調」の子育てが大炎上!

まいじつ

2018/11/10 10:00

木下優樹菜 
(C)まいじつ

タレントの木下優樹菜が、11月6日放送のフジテレビ有吉弘行のダレトク!?』に出演。トーク内で独自の子育て法を明らかにしたが、ネット上では「やり過ぎ」「かわいそう」などと批判が相次いでいる。

番組で木下は、ゲストがリクエストした料理を有吉が作ってもてなす『スナック有吉』というコーナーに出演。実家が中華料理屋だったことからなじみが深いという中華丼を注文し、有吉の調理中は夫婦生活について話していった。

同じくゲストの歌手、青山テルマは木下と仲が良く、家庭での様子を「めちゃくちゃいいママ!」と絶賛。有吉が「厳しそうだけどねぇ」と返すと、「子ども相手でも1人の人間として接してる」と、その子育て法を説明した。

子ども相手にも容赦ない対応


詳しい手法を聞かれた木下は、「(子どもを)7カ月から普通の人間として扱う」と回答。子どもに対し、ケンカ口調で「『いただきます』が聞こえないんだけど?」などと注意することを明かし、『アンタッチャブル』の山崎弘也ら共演者は一様に驚いた顔を浮かべていく。

続けて木下は、「あいつら意外と(こちらの言葉を)分かってっから」「赤ちゃん言葉が使えないんですよ」とも発言。あくまで1人の人間として接していることを強調したが、ネット上には、

《なんでそんなキツイ言い方するのか》
《こんな虐待まがいのしつけされてるなんて…》
《自分だって言葉遣いなってないじゃん》
《子どもが将来口悪く育つ》
《1人の人間として扱うなら高圧的な態度じゃなくて、相手を尊重して対等に接するべきでは?》

などといった厳しい声が上がった。

「虐待に敏感な世間の風潮も、木下にとっては“どこ吹く風”のようですね。以前はフジテレビ系の『バイキング』で、子どもが度を越した悪さをしたら泣かせてでも言い聞かせると主張して物議を醸しましたし、子供に対しても“ヤンキー気質”は丸出しみたいです」(テレビ誌ライター)

家庭の安定は夫・フジモンに懸かっていると言えそうだ。

あなたにおすすめ