小山慶一郎ピンチ!? 日テレ『news every.』絶好調で…

まいじつ

2018/11/10 10:01

小山慶一郎 
画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所NEWS』の小山慶一郎がキャスターを務めるも、いまだ休業状態になっている日本テレビの夕方ニュース『news every.』が、小山を「こっそりクビ」にするのではないかという情報が浮上している。

「小山は今年6月、未成年女子に飲酒させたとして活動を自粛。その後『――every.』には1カ月もたたず復帰。謝罪だけして消えました。しかし、降板したかというわけではなく、まだ番組のホームページには写真が載っています。降りてはいないのでしょう」(芸能記者)

それにしても番組に出ていないのに、なぜ写真を載せ続けているのか。

「復帰時期が決まっていない以上、写真を掲載しないという方法もある。ただ日本テレビは、今や民放イチのジャニーズ事務所ベッタリ局。ヘタに写真を外すに外せない。仕方なく載せているのだと思います」(同・記者)

しかも小山は事務所では一番のしゃべり上手で、本業のキャスター以上に“上手”といわれたほど。

「最初、水曜か木曜の1日キャスターだったんです。しかし、その流暢な話しぶりが評価され月~木出演。休業前には月~木プラス月イチで金曜日も出ていたほど。番組の戦力になっていたことは確かです」(ジャニーズライター)

ニュース番組にアイドルはいらない


ところが、ここに来て意外な事実が発覚。『――every.』が視聴率好調で、別に小山など必要ないほどの勢いだという。

「民放の夕方ニュースでは、ただ1局だけ視聴率10%超え。高い日は12%台に乗ることもある。独走状態なんです。ホンのまれですが、テレビ朝日の『スーパーJチャンネル』が10%に乗りますが、それは直前の枠『相棒』の再放送に引きずられ延長的に見る場合。『相棒』を見て『スーパーJ――』をチラ見し、結局は『――every.』に流れる。このパターンのようです」(テレビ雑誌編集者)

『――every.』は藤井貴彦アナ、鈴江奈々アナに元バドミントン選手の陣内貴美子、お天気の木原実など30代後半から50代までという落ち着いた世代の司会者が並ぶ。

「小山が消えても視聴率は下がらなかった。むしろ少しですが上がっているぐらい。やはりニュース番組に小山のようなアイドルが必要かどうかは疑問。局はジャニーズ寄りでも、番組内では『小山はいらない』という声が圧倒的になってきたのです。小山の合コン癖は評判ですし、また事件を起こす心配もある。番組は陰で“完全降板”に追い込むかもしれません」(同・編集者)

小山、大ピンチだ。

あなたにおすすめ