Hello Youthが福岡で初ワンマンライブ!175Rの代表曲カバーも披露

ザテレビジョン

2018/11/10 09:00

175RのベーシストISAKICKをサウンドプロデューサーに迎え、「等身大の青春」をテーマに活動する7人組のアイドルグループ・Hello Youthが9日、福岡・DRUM Be-1でグループ初のワンマンライブ「Hello!!!!!!!~始まる青春~」を開催した。8月のデビュー後、全国行脚ライブを経ての初ワンマンライブということもありチケットは完売。Hello Youthが所属するIQプロジェクトの先輩グループ・LinQ、トキヲイキル、そしてISAKICKも見守る中、新曲3曲を含む全12曲を披露した。

大勢のファンで埋め尽くされたライブ会場、小嶋ひよりの「青春する準備できていますか?」との問いかけで初ワンマンの幕が開けた。アップテンポの「ポジなガールズディ」、バラード「揺れる」、ミディアムテンポのパンク「私のいない、この教室」、青春を熱く歌い上げるロックナンバー「ナナイロユース」などを披露。デビュー直後とは思えない、振り幅の大きな音楽性で観客を魅了する。

ライブ中盤では、メンバーが「Hello Youthで一番かわいい曲」と語るポップな新曲「甘いテレパシー」を初披露。「私のいない、この教室」「パリトゥナイト」の新曲3曲のパフォーマンスを、ライブに合わせ週1曲ペースで習得してきたという。

■ 175Rの代表曲「ハッピーライフ」のカバーも披露

観客のボルテージが急上昇する中、披露されたのはISAKICKが所属する175Rの代表曲「ハッピーライフ」のカバー。粋な演出で会場の盛り上がりは最高潮に達し、ライブ本編ラスト「異端パイオニア」では、同曲でセンターを務める小嶋ひよりが熱いパフォーマンスで観客を圧倒した。

研究生としての下積み4年間の思いがこみ上げた小嶋は「研究生をしていた時は、こんなに素晴らしい景色を見られると思っていなかったので、今日来てくださったファンの方々に感謝しています」と感無量の様子。「Hello Youthをもっと大きくしていきたいですし、私を応援してくださるファンの方が自慢のメンバーと言ってくれるように、もっともっと頑張ります。これからも、私たちと青春していきましょう」と集まったファンにさらなる飛躍を誓った。

またこの日、ライブMCでHello Youthの1stツアー「桜が咲くまで、一直線!満開のさくらが見たいんだ!」の発表も。3か月間に及ぶ全20公演で、ツアーファイナルは3月17日(日)、福岡・DRUM SONで開催される。

■ メンバーのコメント全文

□小嶋ひより(15)「こんなに大勢の人が来てくださると思っていませんでした。ワンマンライブでは泣かないと思っていたのですが、こんなにファンの方が来てくださると思っていなかったので、ライブの最初から泣きそうでした。研究生をしていた時は、こんなに素晴らしい景色を見られると思っていなかったので、今日来てくださったファンの方々に感謝しています。Hello Youthをもっと大きくしていきたいですし、私を応援してくださるファンの方が自慢のメンバーと言ってくれるように、もっともっと頑張ります。これからも、私たちと青春していきましょう」

□大島向葵(18)「今日、いろいろな方がライブを観に来てくださって、Hello Youthは幸せだなと思います。自分自身、弱いところがたくさんあるので、Hello Youthとともに強くなって、成長していければいいなと思います」

□田仲笑茉(18)「このワンマンライブに向けて、9月から全国行脚ライブをしてきて、辛いことも本当に多かったんですが、ファンの方やメンバー、スタッフさんが支えてくれて、今日のワンマンライブを迎えることができました。1月からツアーが始まるのですが、ツアーファイナル公演で、ファンのみなさんと一緒に満開の桜を見たいので、私たちについてきてほしいです」

□藤咲まりな(20)「不安のまま、今日まで来たんですけど、ファンの方に支えられ、周りの人やスタッフさんに支えられて、今日を迎えることができて、本当に嬉しい。これからも進む先が私たちには待っているので、ここで満足しないで、この先もまだまだ突っ走っていきたいと思います」

□花城玲奈(18)「このステージに立たせてもらったのは、自分たちの力ではなくて、ファンのみなさんやスタッフのおかげです。今日のステージを乗り越えて、レベルがひとつアップしたと思うので、これからも駆け抜けて行きたいと思っています。これからもHello Youthが好きと言ってくれる人をいっぱい増やして、いま好きって言ってくれる人を離さないようにしたい。私の伸びしろに注目してください」

□平松聖菜(14)「この日まで、こんなに人が集まると本当に思っていなくて、ガラガラなんじゃないかと心配だったんですけれど、こうやって集まってくれて、ありがとうございます。ツイッターにも書いたのですが、この会場が大草原になったんじゃないかと思います」

□大葉みらい(13)「私はこの7人だったら、どんな壁でも乗り越えられると思っています。そのぐらいの絆があると思っています。ツアーもあるので、これからもファンの人たちについてきてほしい」

■「Hello!!!!!!!~始まる青春~」セットリスト

1.SE

2.波乗りザブーン

3.ポジなガールズディ

~MC~

4.揺れる

5.私のいない、この教室

6.ナナイロユース

7.アドバンテージ

8.甘いテレパシー

9.パリィトゥナイト

10.おとなになれない

~MC~

11.ハッピーライフ(カバー)

12.やっぱりスキだ。

13.異端パイオニア

≪アンコール≫

1.アドバンテージ

2.波乗りザブーン(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168923/

あなたにおすすめ