【RE雨宮X-RESPONSE 7】飽くなき俊敏性の追求! 機能に裏付けされたフォルムを持つコンプリートRX-7

clicccar

2018/11/10 09:00


ストリート流の魅せるフィニッシュとレースで得た空力ノウハウを融合!!

すべてが機能に帰結するレーシングエアロ!

RE雨宮と言えば、今さら説明するまでもなく世界に知られたトップロータリーチューナーだ。東京オートサロンに向け、毎年作り続けられるコンプリートカスタムは見た目からチューニングファンを喜ばせてくれる。

一方で遠き過去からレースに挑み続け、スーパーGTでも活躍した背景を持つRE雨宮は、機能を持たせたエアロチューンも得意ジャンル。とくに2018年のオートサロンでお披露目されたこの『X-RESPONSE-7』に関しては、洗練されたスタイリングが要求されるストリートエアロと、すべてが機能に帰結するレーシングエアロというふたつの流れが見事に融合したものになっている。

エクステリアは『スーパーグレッディ3』ボディキットをベースに、ワンオフ造形で仕上げたもの。立体的なフェンダーダクトやエアアウトレットにより、かなりワイドな印象を受けるが、実際のサイズはフロント、リヤともにノーマル比で片側30mm程度の拡大となっている。そこにGTマシンのノウハウを取り入れたエアロエフェクトをフロント周辺に搭載。ボンネットの中央部はトンネル状になっていて、フレッシュエアをダイレクトに供給。吸気と冷却用のエアの流れを完全に独立させているのである。

そう、レスポンスと言えばエンジンやサスペンションなど機械的な要素を連想させられるが、この車両の場合は加えて空力までもがレスポンス(=運動性能)の向上に大きく貢献しているのだ。

チューニングカー、とくにストリートマシンの製作においては「出力よりもハンドリング」と断言する雨さんだが、ボンネットの下に収まる13Bエンジンは、独自のサイドポート拡大加工を施した上、GCGギャレットのTO4Zビッグシングルタービンをドッキング。フルコンのLINKで制御し、500psもの出力を獲得している。

もともとスポーツカーとして高い資質を有するRX-7を、さらに機敏なチューニングカーへと昇華させる。RE雨宮のマシンメイクは、我々の期待を常に越えた完成度を魅せてくれる。

PHOTO:Nobutoshi Kaneko

スペック

エンジン:13B-REW改(500ps) RE雨宮サイドポート加工、エンジン搭載位置変更、加工インタークーラー、ドルフィンテールマフラー、エキマニ/GCGギャレットTO4Zタービン/トラスト LINK-ECU/K&Nエアクリーナー

ドライブトレイン:ORCツインプレートクラッチ/OSスーパーロックLSD(雨宮SPEC)

フットワーク:エンドレス ジールスーパーファンクションサスキット/スウィフトスプリング/エンドレス キャリパー&ローター/

ホイール:エンケイ RS05RRホイール(F10J×18+30 R10.5J-18+15)

タイヤ:アドバンA052(265/35R18)

エクステリア:RE雨宮X-RESPONCEフルエアロキット/クールベールフロントガラス/IPF製ライト

インテリア:ブリッドVIOSIII/AIM MXS STRADA

走行風を利用したクーリングも考えられたエアロパーツ。フェンダー内やエンジンルームの圧力がスムーズに流れ、抜ける排出ダクトも多数配置される。また、フレッシュエアがノーズからボンネット内を経由してエンジン前方に向かう経路も確保。エンジンのレスポンスを高め、保護する役割を持つ。

ちょっと見た感じでは気付きにくいが、エンジンは後方に50mm、下方に50mm移設。重量バランスを大幅に改善し、ステアリングへの応答性を高めている。ストラットタワーの位置の低さも、エンジンの位置変更で実現、さらにそれによりノーズも低くなり空力性能も大幅にアップしている。タービンはギャレットのTO4Z、サイドポート加工されたエンジンにセットされ約500psを発生する。インマニは特殊な放熱塗装により、カッパー色に染められている。

RE雨宮のマフラーといえばドルフィンテール。これはビジュアルだけでなく、排気を地面に当てることで、後方へのカーボンの飛沫を防ぐと同時に音量を抑える効果も発揮する。

カスタムカーらしさを感じさせるインテリア、RE雨宮のイメージカラーでもあるブルーで統一されている。またメーターは最新式のAIMのロガーモニターをビルトイン。

エンケイのホイールに組み合わされるタイヤは前後同サイズ通しのアドバンA052。サスペンションとブレーキはエンドレス製だ。

(web option編集部)

あなたにおすすめ