インダストリー4.0は革命か、空想か…ネットワーク巨大化がもたらすデメリット


 ドイツで官民一体となって打ち出された「第4次産業革命(インダストリー4.0)」という概念。今では日本でもその言葉が躍るようになり、企業の経営戦略にも影響を及ぼすようになってきました。ところが、このインダストリー4.0(以下4.0と呼ぶ)は本当に「革命」となるのでしょうか。「単なる空想」と断じる人も少なくありません。そこで、本連載では、この4.0が「革命」となるのか、あるいは「単なる空想」なのかについて、さまざまな視点から検証していきたいと思います。

まずは、この4.0について整理しましょう。要約すると、「あらゆるものがインターネットにつながるIoTの技術を使い、各工場の製造装置をセンサーとネットワークでつなぎ、世界各地の工場をまるでひとつの工場のように運用し、多様化した消費者ニーズ(カスタム化やコストダウン)に対応するために、物流やエネルギー、働き方も含め社会全体で生産を最適化すること」ととらえることができます。まだ少しわかりにくいと思いますので、この4.0を日本の首都圏の鉄道の例を使ってとらえてみることにします。

首都圏の鉄道は、JRをはじめ、地下鉄、私鉄などが網の目のように張りめぐらされています。現在は、鉄道が部分的に相互乗り入れなどで絡み合っていますが、これにすべての路線バス、タクシーまで含めて、首都圏の全交通をセンサーとネットワークでつなぎ、今よりもさらに「快適に、早く、安く」を図るために全体の交通システムを最適化するというイメージです。

「朝の通勤時に最寄りのバス停まで行き、遅れ気味の路線バスに乗って駅についたら相当混雑。ようやく乗れた1本後の電車は超満員。極めて窮屈で不快な空間の中、1時間ぐらい揺られ目的の駅に到着。その後は徒歩で出社」

現在の首都圏における典型的な通勤の例ではないでしょうか。もし、これが次のようになったらどうでしょうか。

「朝の通勤時のバスは1分も遅れずに到着。センサーにより乗客数の把握が可能となりバスの乗客が分散。座って楽々駅まで移動。駅ではICチップにより目的地を事前に把握。そのデータを基に電車の運転本数を制御し、目的地別に乗客を誘導。混雑は緩和し、今よりもより快適な通勤が可能となる」

このようになると本当に素晴らしいですね。センサーとIoT技術を使い、路線バスまでネットワークでつなぎ、首都圏の交通網全体をまるでひとつの交通網のようにする。まさに4.0の考え方はこのようなイメージです。

●オーバースペックのプロダクトアウト的発想

しかしながら、本当にこのようになるのでしょうか。現代の技術を使えば、路線バス、タクシーも含めてすべての交通網をひとつのネットワーク下に置くことは可能です。ICタグを使えば、各人の目的地を把握することもできるでしょう。実は、これらの技術は何年も前からすでに存在しています。にもかかわらず、なぜそれが実現されていないのでしょうか。そんなに便利なのであれば、すでに実現していてもおかしくありません。

1980年代頃のアニメや空想の世界では、21世紀には車が空を走り、宇宙旅行が当たり前となり、人型ロボットが活躍している姿を目にしました。ところが、実際に21世紀になってみると、人型ロボットが少し活躍している以外はまだどれも実現していません。振り返ってみれば、自動車やロケット、ロボットの技術が進化しているという「仮定」を基に、「希望」を抱いていたのかもしれません。そう考えると、今抱いている4.0の理想形も、なんらかの「仮定」と「希望」が含まれている可能性は大いにあります。

例えば、駅で目的別の乗客を誘導する際、時間通りに規則的に乗車してくれるという「仮定」が必要となるでしょう。また、すべての人がICチップを持ってくることもしかりです。人間では難しい何か複雑な要素が入ると、最後はなんでも「AI(人工知能)に任せればいい」という「希望」も入っています。つまり、実現すれば素晴らしい物語なのですが、そのなかには「仮定」と「希望」が多く含まれている可能性が非常に高いのです。

また、ネットワークの巨大化によるデメリットもあります。「山手線の神田駅の事故で中央線の電車が遅れている」という経験をしたことがある人もいるでしょう。両線はつながっていないのに、共通の駅である神田駅で何か異常があったため、万一に備えて中央線も止める。それによって遥か遠くの八王子方面まで影響を受けてしまう。また、最近の事例でも、北海道の地震で主力の火力発電所が止まってしまった影響で、全道の電力供給が停止してしまう。証券取引所の売買システム異常、金融機関のATM障害など、ネットワークが大きくなればなるほど、ひとつのトラブルの影響が広範囲に広がってしまうのも事実です。

先ほどの事例で考えてみると、地方の路線バスのたったひとつのトラブルが、1000万人の人々に影響を及ぼす可能性も捨てきれません。少なくとも現在は路線バスと鉄道はネットワークで切り離されています。また、鉄道も部分的にはつながっていますが、すべての鉄道がひとつのネットワーク下で動いているわけではありません。そのおかげで、トラブルの連鎖を回避できている部分も大いにあります。

また、現代の製造業では、電子商取引なども含めたネットワーク化は十分進んでいます。自動車産業などでは、後工程引き取り方式という生産方式でジャストインタイムを実現しています。さらに、工場間のネットワーク化も必要に応じて進み、工場内ではあちこちにセンサーがついて、産業用ロボットによる自動化も進んでいます。これらの技術的な進化により、内装の色やデザインなど、自分の好みに組み合わせた車も注文できるようになりました。

このように、今でも必要に応じてネットワーク化は実現しているなか、4.0のいう「すべての工場をまるでひとつの工場のようにネットワークでつなぐ」というのは一体、何を実現しようとしているのでしょうか。今よりももっと便利になることは素晴らしいのですが、そのコストパフォーマンスは成り立つのでしょうか。オーバースペック(過剰仕様)のプロダクトアウト的発想ではないのでしょうか。

●「仮定」と「希望」が多分に含まれた概念

4.0には、ほかにもいろんな問題点、課題がたくさんあります。基幹技術であるセンサーについても、まだまだ技術的課題も多く残っています。4.0では、設備に取り付けられたセンサーが機械の故障を診断するといっていますが、今のセンサーの技術では、精度よく診断をすることができないケースも多くみられます。

4.0が主張する世界の工場がまるでひとつの工場のようにシステム化された場合、国家、企業体という形はどうなるのでしょうか。そのネットワークで生み出された利益は誰のものになり、どの国に税金を納めるのでしょうか。ネットワークに組み込まれた下請け企業は、利益構造をすべて把握されるため、自分達で販売価格を決めることさえできなくなるでしょう。その結果、企業として存在することさえできなくなるかもしれません。

「仮定」と「希望」が多分に含まれた概念、そしてネットワークの巨大化がもたらすデメリット。さまざまな技術的な課題とそれに対する都合のよい希望的観測。国家、企業体の概念さえ変えようという思考。しかしながら、壮大な概念の割には、それによって得られる大きなメリットがよく見えてこない。少し見ただけでも、4.0は本当に「革命」となるのか、それとも「単なる空想」にすぎないのか。いろいろと考えさせられますし、今の日本における盛り上がり方を見ていると、むしろ、もっとしっかりと考えるべきだと思います。

そこで、本連載では、次回以降もこの「インダストリー4.0」について、さまざまな視点から検証していきたいと思います。
(文=高杉康成/コンセプト・シナジー代表取締役、経営学修士(MBA)、中小企業診断士)

あなたにおすすめ