バツイチ美人歯科衛生士の恋愛事情にマツコ興奮「やらしいわね~」

テレビドガッチ

2018/11/10 08:00

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。11月10日の放送は、大阪・心斎橋にある歯科衛生士が集まるカフェから中継を結ぶ。

まずは今年8月、歯科衛生士のためのカフェをオープンした現役歯科衛生士の女性オーナー2人に話を聞いていく。4年前に、いち早くホワイトニングなどの自費治療やデンタルエステを中心とした歯科医院に目をつけ、歯科衛生士ながら歯科医院を開業した2人。心斎橋と神戸に2店舗展開しており、年商は2億円だと言う美人オーナーに「やり手ね~」とにやにや笑うマツコ。カフェオープンのきっかけを聞くと、心斎橋駅周辺には多数の歯科医院があるため、休憩所が狭いのが悩みだった歯科衛生士たちが、安心して食事ができるようにとオープンしたという。

歯科衛生士の恋愛事情に迫ると、バツイチの美人オーナーを前に「モテるに決まってるでしょ~! 絶対あの院長先生狙ってるもん!」と、同席していた男性歯科医師の院長に話を振るマツコ。「もちろんですよ。(彼女の)元旦那も同じ職業ですから」と院長が答えると「やらしいわね~」と大興奮。

続いて、別のテーブルへ向かうと、30歳で歯科衛生士になり、現在はインプラント治療に特化した歯科衛生士として雑誌にも取り上げられるほどの活躍をしているという美女が。「ケア中に(患者と)2人っきりになると、声かかるでしょ?」と禁断の恋愛事情に迫ると、「あんまり機会はないけれども、手術終わった瞬間に番号を準備していた方はいらっしゃいました」とリアルな実情を告白。

「インプラントの手術室はあんまり気軽に声かけられる場所ではないでしょ?」と聞くと、「私自身、鬼軍曹とあだ名を付けられるぐらい厳しいので」と緊迫する手術現場を語る美女に「それはそれで結構興奮材料ですよ」とマツコが本音を漏らす。「キレイな人が『大丈夫ですよ』って言ってくれるのって大事。歯の治療は緊張するからやっぱり怖いじゃない」と歯科衛生士のありがたみについて話す。

さらに、海外で最先端の技術を学び、年間200件もの講演オファーを受けるやり手の美人歯科衛生士も登場。リアルなお金事情にマツコも驚愕する。

あなたにおすすめ