間違えるとイタイおばさんに!アラフォーママが気をつけたい「洋服選び」のコツ

ウレぴあ総研

2018/11/10 06:30

ママになると、PTA総会や授業参観など「きちんとめ」の服装で出かける機会もありますよね。そういう時のために、クローゼットの奥でとっておきの一着を待機させていることでしょう。でも、久しぶりに着てみたらすっかり似合わなくなっていて、ショックを受けることも!

特にアラフォーママの大半は、今までの勝負服がいつの間にか戦力外に変わっていて、結構焦るハズです。

そんなピンチを乗り切る知恵を、海保麻里子さん著『今まで着ていた服がなんだか急に似合わなくなってきた』の中からピックアップ。アラフォー女性が素敵に見える洋服の選び方をお伝えします。

■43歳は女の瀬戸際

厳密に言えば、ターニングポイントは43歳。これを境に女性のボディラインは崩れやすくなり、以後、手持ちの洋服が急激に似合わなくなる現象が続出します。

肌の状態や体型などにハリがあれば、どんな服を着てもそれなりに見えますが、この先は、自分に似合うものと似合わないものとがハッキリしてきます。

余裕を感じさせる大人の女性に見えるか、生活に疲れたおばさん化するかの瀬戸際、それが43歳。自分に似合う洋服選びが、これまで以上に大事になってくるのです。

■なじみの罠

それでも、今まで着ていた服がしっくり来なくなった……という自覚があるうちは大丈夫。自分の姿を客観的にチェックするのは難しいことです。

着慣れた服は見慣れている、という罠もあります。「何となく落ち着くな~」と思ってしまい、自身の変化に気づかない人も少なくありません。

まことに残念ですが、アラフォーからは、今までなじんでいた服が味方になってくれない可能性高め、ということだけでも、頭に入れておきましょう。

■色と骨格がカギ

著者の海保さんは、「パーソナルカラー診断」と「骨格診断」を軸に、女性の美しさが引き立つよう提案を行うビューティーカラーアナリストです。その人にぴったりな色、その人の骨格に映える生地や形の服をまとえば、女性の魅力は確実にアップすることを知っています。

できればそういう診断を受けて、顔の周りに肌色がよく見える色を配し、自分の骨格が活きるテイストや素材感の服を選ぶのが理想的。

しかし、仕事や家事に日々追われているママたちにしてみれば、「診断? めんどくさそう」というのが本音ではないでしょうか?

そこで、ほぼ万人向けのアドバイスを抽出してみました。ここからは、「ほとんどのアラフォー女性が、こう装えば素敵になれる!」というポイントを挙げてみます。

■髪を何とかしよう

髪を整えたのちに洋服に着手する、という順番がオススメ。

髪の印象はとても大きく、ヘアスタイルが決まっていればそれだけで、何となく雰囲気美人に見えてしまうくらいの力があります。

逆に、どんなに高級な服に身を包んでも、「髪の毛ボサボサ」というだけで老けて見られることもあるので、気をつけてください。

■おそらく黒い服は似合わない

アラフォー以降になると、黒い服が似合わなくなる現象が多発します。

黒の印象に引きずられて肌色がくすんで見えたり、しわが目立ってしまったりなど、デメリットが増えます。黒をまとう時は慎重に、なるべく顔から離して使うようにしましょう。

どんな色よりも暗くて重くて強い、難しい色が黒です。これが似合うのは、黒に負けないくらい、目鼻立ちのくっきりした人だというのですが……、日本人女性はあまりいないタイプなのかもしれません。



■ピンクの力を利用する

これまで、もろに「可愛い系」の格好は恥ずかしい……という理由で、ピンクを避けてきた人も多いことでしょうが、そろそろこの色と仲直りを検討しましょう。

大人女子の可愛さを引き出してくれる「愛され色」、それがピンクです。

夫婦仲がマンネリ化してきたかな……という時にも、ピンクは効き目があるのだとか。見た目で女として認識してもらえれば、旦那さんにも大切に扱ってもらえますからね。

一口にピンクと言っても、赤紫に近いもの、青みがかったもの、淡い色合いなど、さまざまなバリエーションがあります。自分に似合うピンクを突き止めて、ファッションメイクの一部に取り入れてみましょう。

■品格のある服を選ぶ

分かりやすく言えば、安物が似合わない女になったということ。

アラフォー世代に似合うのは、縫製のしっかりした服です。少々お値段ははりますが、体の肉感が目立たず、シルエットがシュッとして、品よく感じよく見えます。

激安服は一見デザインに問題がなさそうでも、体型のゆるみを拾ってしまい、老け見えしやすいのです。

服を選ぶ際、安さに飛びつきそうになったら、頭を冷やしていただければと思います。

■アクセサリーで輝きをプラス

子育て中に「危険だから」「面倒だから」と使わなくなっていくアクセサリーですが、ぜひ! 復活させてください。

顔周りに光を集めると、表情が明るく見えます。ということは、老け見えしないということとほぼ同義です。

ゴールド系とシルバー系、どちらが自分の肌に映えるかだけでもつかめると強いです。

アラフォーからは、シンプルすぎる格好だとちょっと寂しいかな……と感じることも出てきます。装飾品でキラキラ感をプラスすることを、億劫がらずに楽しみましょう。

■メガネはもっとちゃんと選んで!

いつもメガネをかけている人は、これで顔の印象が決まってしまいます。

洋服は買い替えても、メガネは同じものをずっと使い続ける人が多いですよね。メガネ選びは結構重要だと思ってください。かけた方が素敵に見えるくらいのメガネと出会えると嬉しいですね。

顔がキツく見えないものを選ぶために、こちらもメタルの部分がゴールド系とシルバー系、どちらが自分の肌色に合うかを確認しておくと◎です。



おしゃれを楽しんでいるアラフォー女性は、生きることそのものを楽しんでいるように見えますよね。

これからは、似合わない洋服やアイテムに別れを告げて、クローゼットには自分を素敵に見せてくれるものだけを置きたいものです。

あなたにおすすめ