新時代のムンクを体感できる展覧会 「ニュウ・ムンク展」

NeoL

2018/11/10 06:00



10月27日(土)から東京都美術館にて開催中の「ムンク展—共鳴する魂の叫び」。世界で最もよく知られる名画の一つ<《叫び>》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)の傑作コレクション約100点を紹介するによる大回顧展となっている。その開催を記念し、ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターたちによる展覧会が実施される。 参加するアーティストは青葉市子、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、JUN OSON、小林うてな など国内外のカルチャーシーンで存在感を放つ22名が決定。音楽、映像、イラストレーションなど様々な手法でムンクにインスパイアされた思いを表現。 会場は「Intro/イントロ」、「音の部屋:Infinite scream/インフィニットスクリーム」、「絵の部屋:Living people/リビングピープル」の3つのZONEで構成され、様々な視点から五感でムンクを感じることのできる新しいスタイルのエキシビションエキシビジョンとなる。また、「ムンク展」とも連携した展示、グッズ販売なども予定している。 オンライン・アートギャラリー・サービス「FRAMED*GALLERY」ともコラボレーションし、映像・イラストレーションの展示には新時代のインテリアデバイス「FRAMED*」を採用している。新しい形でアートを楽しむ「ニュウ・ムンク展」を是非楽しもう。

「ニュウ・ムンク展」2018年11月2日(金)~2018年11月18日(日)10:00-21:00 ※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前までPARCO MUSEUM (池袋PARCO 7階)入場料:一般500円 学生400円 小学生以下無料「ムンク展—共鳴する魂の叫び」のチケット半券をお持ちの方は入場半額参加クリエーター:青葉市子、稲葉秀樹、オオルタイチ、kynd、北村みなみ、木下麦、クイックオバケ、Gutevolk、窪田 慎、小林うてな、JUN OSON、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、とんぼせんせい、中間耕平、中村 佳穂、平岡政展、face、巻上公一、Mr. "All Bad" Jordan a.k.a. OMSB、師岡とおる、よシまるシンOFFICIAL SITE

あなたにおすすめ