松丸アナ、復活後の希望は野呂&朝日と東京03のコントを!「私は豊本さん役。なんかラクそう(笑)」

ザテレビジョン

2018/11/10 06:00

テレビ東京で放送されているバラエティー「ゴッドタン」(毎週土曜夜1:45-2:10ほか)で、復帰を果たした松丸友紀アナに「ザテレビジョン」が独占取材を行った!

番組に欠かせない毒舌キャラ・松丸アナが、「マジ歌ライブ」の裏側や久々のスタジオの空気、そして今後の展望をトーク。さらに、毒舌卒業宣言も?

――まずは復帰おめでとうございます! “松丸ロス”のファンたちは待ちわびていました。

ずっと育児に専念していたので、子どものことばかりで完全に仕事のスイッチは切っていたんです。

だいたい育休明けって、職場に戻って少しずつリハビリ期間のようなものがあって、復帰していくものなんですが、私の場合は「ゴッドタン」という特殊な環境に、育休明けから一気に荒波に放り出された感じで…(笑)。スイッチをすぐに全開にして臨みました。

――5月に開催された「マジ歌ライブ2018 in 横浜アリーナ~今夜一発いくかい?~」で登場された時は、あの日一番の盛り上がりでした。隣の席の方が、松丸さんが出られた瞬間に大号泣で!

そうなんですか?(笑)

うれしいな~。すごく練習したんですよ。(劇団)ひとりさんがお忙しい中付き合ってくださって。ミュージカルに出演されてる、プロのダンサーさんと踊らせていただくだけで恐縮だったんですが、ひとりさんが厳しくてですね。

私の踊りにクセがあるというか、矢作(兼)さんにも「松丸のダンス、たしかに古臭いんだよな」って言われたりして(笑)。

マジ歌の練習でも、ひとりさんが何度も「それは違うな」って指導してくださったんです。本番ぎりぎりまで振り付けを変えていたので、もはやプロのダンサーになった気分で臨んでいました。

■ 野呂佳代は「収録を楽しめているのかな?」と心配になる

――ご自宅でもかなり練習されたのでは?

そうなんですよ。夫にも協力してもらったりして、あやしながら練習していました。とにかく大変だったんですけど、ステージを終えた時には達成感がありました。

あんなに温かく迎えてくださるとも思っていなくて、もっとツッコまれるかと思っていました。予想外にひとりさんが泣いていらっしゃって、おぎやはぎさんも温かい言葉を掛けてくださって…ありがたかったです。

――10月からは番組に完全復帰されました。久々のスタジオの空気はいかがでしたか?

実は復帰明けの収録を終えてから、一週間くらいずっと落ち込んでしまったんです。

一発目から「松丸復帰企画」で、野呂(佳代)ちゃんと朝日(奈央)ちゃんのポテンシャルというか、芸達者ぶりに驚かされました。

急に振られた時も、「自分はうまくできなかったな」と反省ばかりでしたね。正直、引きずりました。こんな空気感だったっけ? って。

育休前よりも、野呂ちゃんと朝日ちゃんのおかげでアシスタント役のハードルが上がったのかもしれません。

――野呂さんと朝日さんの活躍ぶりは、松丸さんから見ていかがでしたか?

プロデュース王がとても見事だなと思って、見た時は戻れる自信がなくなりました。特ににゃんこスターとか“乳首ドリル”とか、完コピぶりがすごいですよね。

朝日ちゃんは「ゴッドタン」をきっかけに引っ張りだこで、リアクションが抜群ですよね。私はオーバーに笑ったり、リアクションが苦手で…。でも朝日ちゃんは振ったら完璧に返せますし、なんでも出来るな~って。

野呂ちゃんは「収録を楽しめているのかな?」と心配になる時もありましたけど(笑)、ビートたけしさんの物まねをするひとりさんのまねはすごいなって感じました。

二人とも、もうファミリーなのでこれからも共演できたらいいなと思います。

――お三方の共演、ぜひ拝見したいです!

プロデュース王で何かできたらうれしいですね。トリオでコントとか。

■ 母になり、5分に1回の文句が大幅に減る

――どなたかをコピーしたり?

東京03さんのコントをやってみたいです。この間朝日ちゃんとは、二人でとある企画内でオマージュをしたんですが、まだ野呂ちゃんとはやったことがないので、トリオに挑戦してみたいですね。

――飯塚(悟志)さん、角田(晃広)さん、豊本(明長)さん。どなたがどの役になるでしょう?

そこですよね! 豊本さんは…なんかラクそう(笑)。私、豊本さんにしようかな。飯塚さんと角田さんはヘビーな感じなので。

―― (笑)。企画の実現を祈ります。さて、最後にママになられた松丸さんの、今後の展望をお聞かせください。

今までは、すぐイライラしてしまうことが多くて、「ゴッドタン」でもネタにされていたんです…。本当に5分に1回くらい文句言っていました(笑)。いつもメーク室に入った途端に文句の嵐でした。

けれど子育てで、精神的に鍛えられることが多くて、育休中に穏やかに過ごしていたことも影響しているのか、最近はイライラすることがあっても、まぁいいかと流せるようになってきました。

なので、番組の悪ノリや、とがった笑いを、深い愛情で包んでいけたらいいなと思います。

――「ゴッドタン」の聖母として…!

そうですね。母なる大地を目標に(笑)。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168717/

あなたにおすすめ