トヨタ自動車が中国事業拡大に意欲! 現地生産能力を200万台/年規模へ

clicccar

2018/11/10 06:03


今年5月に中国の李克強首相が初来日した際、トヨタ自動車の北海道工場を安倍首相と共に視察。豊田章男社長が出迎え、先端技術などを紹介。

国内外の新車市場が停滞するなか、トヨタ自動車が中国で攻勢に出ており、FCVなどの市場開拓についても取り組みを強化しています。

中国における同社の1-10月新車販売累計も121.5万台(前年同期比+13.2%)と好調で、中でも同期間におけるレクサス車の販売が13.2万台(同+23.8%)と好調に推移しているようです。

日経新聞によると、同社は2020年までに10モデルの電動車を中国に導入するそうで、バッテリーなど基幹部品を現地で生産する計画とか。また、中国における年間生産能力を現在の約116万台から、2020年代前半に200万台規模に拡大すべく、生産体制の強化を計画しているそうです。

同社の中国事業は、これまでVWや日産の後塵を拝して来ただけに、豊田章男社長も挽回に強い意欲を示しているようです。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

今期の売上高30兆円目前ながらも、トヨタ自動車が抱える厳しい懐事情とは?
https://clicccar.com/2018/11/08/650252/

トヨタの上半期世界販売が過去最高を更新。レクサスが中国市場で販売好調
https://clicccar.com/2018/10/31/646316/

トヨタ自動車が「全店全車種販売」「販売車種半減」に踏み切る訳は?
https://clicccar.com/2018/10/24/643195/

トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ
https://clicccar.com/2018/10/14/639626/

トヨタ自動車、系列店ごとの新車販売から「全店・全車種販売」へ移行か?
https://clicccar.com/2018/09/28/633483

あなたにおすすめ