恋愛対象外になる“マナー知らず”な女子の特徴4つ




“マナー知らずな女性”は、男性から恋愛対象としてみてもらえなくなってしまう可能性があります。たとえどんなに美人であっても、マナーが守れない女性ははじかれてしまうことも少なくないようなのです。それくらい、常識や社会性を気にする男性というのは多いもの。
そして一度でも“恋愛対象外ボックス”に振り分けられてしまえば、そこから脱するのは並大抵のことでは不可能となってしまいます。つまり、恋愛対象外に見られてしまう言動はできる限り避けなければならないということ――!

恋愛対象になるかどうかの分かれ目

(1)品はありますか?

「食べかたが汚い人は個人的にはアウトかな。オトナとしての品やマナーが問われる部分を疎かにしている女性は論外」(30歳/製造/男性)

▽ 立ち居振る舞いについて、しっかりとできているでしょうか?“品”や“マナー”というのは、いわば内面の美しさを表すバロメーターでもあるわけですが、これらは一朝一夕で身につくものではありません。しかし、だからこそそこに着目する男性は少なくないのです。

(2)連絡の頻度や時間帯は適切でしょうか?



「のべつまくなしLINEをしてくるような人とお付き合いするのは厳しいと思いますね」(27歳/建築/男性)

▽ 若かったころは、連絡の頻度で愛情をはかりがちだった人もいるかもしれませんが、オトナになった今だから気づくこともありますよね。つまり、連絡の頻度で愛情をはかることは無意味だということ!
同じように、連絡をする時間帯にも変化が生じてくるはず――。相手の状況を考えれば、夜中の連絡は余程の緊急時に限られるはずです。オトナとしての常識が通じない女性は、恋愛対象外にされてしまいやすくなってしまいます。

(3)TPOをわきまえた言葉づかいはできているでしょうか?

「目上の人や、初対面の人に対して適切な言葉づかいができていない人を恋愛対象として見ることはできないな」(34歳/営業/男性)

▽ やはりオトナならば敬語や丁寧語など、TPOに合わせてしっかりと使い分けるべきでしょう。とはいえ、日本語の使いかたというのはなかなか難しいものではあるのですが……。

(4)挨拶はできているでしょうか?



「恥ずかしいのかもしれないけど、ハキハキと挨拶できない人っているよね。でも、挨拶って基本中の基本だと思うんだよ」(29歳/不動産/男性)

▽ オトナのマナーというよりも、人としてのマナーなので、疎かにしないよう気をつけましょう!
ただ、どうしようもなくシャイな人は、人見知りが災いして挨拶を交わすタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。そういう場合には、後からでもいいので軽くフォローをしておくことで挽回のチャンスとなるでしょう。

男性のリアルな声を聞いて、どのように思いましたか? ぜひ、今後の恋愛につなげるための参考にしてみてください。

あなたにおすすめ