“2次元のアイドル”がストーカー被害!? 警察も動いた異例の事態に驚きの声

日刊サイゾー

2018/11/9 22:30


「ニコニコ動画」を中心に活動する男性ボーカルユニット「浦島坂田船」が、“ストーカー被害”にあっていたことを発表。彼らのことをよく知らない人々からは、「2次元キャラクターにストーカーが発生したの?」と疑問の声が上がっている。

「浦島坂田船」とは、2013年に結成された男性動画投稿者4名によるグループ。2016年にメジャーデビューし、昨年行われたツアー「浦島坂田船 SUMMER TOUR 2017 ~Beyond The Compass~」の千秋楽では両国国技館でパフォーマンスを披露。今年発売されたアルバム『V-enus』オリコン7月16日付アルバムランキングで首位に輝いた。

「『浦島坂田船』が“2次元キャラクター”かと言われると、難しいところがあります。ライブなどは絵やCGではなく、“生身の人間”がやっていますからね。ただ公式サイトやMVでは、アニメキャラクターのようなイラストで登場することが多いです。“アバター”としてイラストを使用するのはいわゆる“歌い手”や“生主”界隈だと珍しくないことですが、そこら辺の“文化”に触れていない人々にとっては新鮮に映るのかもしれません」(芸能ライター)

そんな「浦島坂田船」は、「EXIT TUNES ACADEMY PORTAL SITE」でストーカー被害について報告。「この度、浦島坂田船のファンの女性によって、ストーカー規制法違反の行為が確認されたため、警察を通じて、ストーカー規制法上の警告を行いました」「今回は警告に留まっておりますが、今後もストーカー規制法上の違反行為が継続する場合は、逮捕等の厳重な対応となる可能性がございます」などと掲載されている。

「『浦島坂田船』は基本的に動画やメディアで顔出しをすることはなく、その点も一般的なアイドルとは違うポイント。今回のストーカー被害を取り上げた各ニュースサイトでもイラストがサムネとして使われているため、『アニメのキャラクターにストーカー被害が!?』『どうやってストーカーしたんだろう』との声が相次ぎました」(同)

「浦島坂田船」の一件に限らず、ファンの“行き過ぎた行為”は後を絶たない。最近は関ジャニ∞の大倉忠義も、ブログでストーカーに苦言を呈している。

「11月8日に大倉は、ファンサイト内のブログで『身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか』と吐露。一部のファンに執拗なつきまといや、度を超えた接触などをされていると告白していました。また『普通の人に戻る方がよっぽどらく』『そろそろ限界』といった不穏な文面も。このままではファンにとっても大倉にとっても、不幸な結果になってしまいそうです」(同)

アイドルにとってファンはかけがえのない存在だが、場合によっては活動の妨げになってしまうことも。“推し”に長く活躍してもらうためにも、節度のある距離感を保ってもらいたい。

あなたにおすすめ