「シャブ山シャブ子」登場やドラえもんとのコラボ テレビ朝日「相棒」がアツい

ガジェット通信

2018/11/9 19:35



テレビ朝日の人気ドラマシリーズ「相棒」が連日話題になっている。

11月7日のシーズン17第4話では、終盤に覚醒剤中毒患者の自称「シャブ山シャブ子」なる女性が登場。公園のベンチで電話をかけている刑事にゾンビのようにジワジワと近づき、ハンマーで撲殺する。取り調べでは「シャブ山シャブ子です。17歳です」と応答するなど、ほんの数分のシーンだがあまりにも強烈なインパクトを残し、『Twitter』のトレンドで「シャブ山シャブ子」が1位になるなどSNS等で話題沸騰となった。

役を演じた江藤あやさん(@ayayakko2000)は、同日『Twitter』にて


今日の相棒に出演してました
舞台本番中で、告知するの忘れてました!すみません
シャブ山シャブ子、よろしくお願いいたします


とツイート、鬼の形相でハンマーを振り上げている画像をアップした。

9日にも、恐ろしいシャブ子の画像数枚をアップし


シャブ山シャブ子、17歳です!


と、どこぞの声優の声で脳内再生されて「おいおい」とツッコミたくなるようなツイートをなさっていたが、インパクトが強すぎた故か削除してしまったようである。

また、同じくテレビ朝日で9日放送の「ドラえもん」は、なんと「相棒」とのコラボが実現。タイトルは「あい棒」で、ドラえもんやのび太がテレビで「相棒」を観るシーンがあり、おなじみ右京さんと冠城くんが登場。声は水谷豊さんと反町隆史さんが演じるという豪華なもの。「あい棒」でのび太とスネ夫が相棒になるというストーリー。こちらも当然のように「ドラえもん」「相棒」「右京」といったワードが『Twitter』でトレンド入りしていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ