甘いシルキーボイスでバラードを歌い上げる、村上佳佑の極上ライブ

TOKYO FM+

2018/11/9 20:40

“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER “Good Luck”LIVE」。11月3日(土)の放送には、シンガーソングライターの村上佳佑さんが登場しました。


村上佳佑さん

村上佳佑さんは、シルキーな甘いボーカルで歌われる、極上のラブソングが魅力のシンガーソングライター。デビュー前からクリス・ハートのオープニングアクトに抜擢されるなど注目度が高く、2017年にミニアルバム『まもりたい』でメジャーデビュー。11月14日(水)にはファーストフルアルバム『Circle』のリリースを控えており、今勢いに乗っているアーティストです。

ライブアテンダントの堤友香が「村上さんの歌を聴いていると、愛をもらえるようです」と感想を述べると、村上さんは「僕が音楽で届けたいものは、やさしい気持ちになったり、明日もいい日になるっていう希望がもてるような気持ちになって欲しいんですよね」と語ります。続けて「そんな気持ちが音となって届いているのかなって感じますね」と答えていました。

ライブはデビュー曲「まもりたい~この両手の中~」からスタート。サポートのキーボードとアコースティックギターとの3人編成で、ミディアムテンポのバラードをやさしく歌い上げていきます。途中からは観客の手拍子も加わり、あたたかな空気が会場内を包み込んでいきます。

2曲目からはカバーを続けて歌唱。「大学生の頃によく歌っていた曲」と前置きして歌ったのが、竹内まりやの「元気を出して」。J-POPのスタンダードといえる名曲をやわらかなボーカルで聴かせ、後半になると軽快なハミングも飛び出します。次はサム・スミスの「Palace」を原曲通りの英語でカバー。サビ部分でのソウルフルなファルセットボイスが圧巻で、そこに、まるで歌うようなピアノのソロプレイが加わった、見事なカバーです。

村上さんが幼少時代に住んでいたアメリカ・アトランタで、最近MVの撮影をした逸話を語った後、アルバム『Circle』の収録曲「Nothing But You」をいち早く披露。R&Bテイストのアップテンポな曲で、ファルセットの声に引き込まれます。間奏でメンバー紹介をしながら、アコギとエレピをそれぞれ演奏するソロプレイも聴きものです。

後半に入り、5曲目からはバラードを連発。「美しい人」は、ピアノの力強い演奏とのびやかでパワフルな歌声が印象的な曲です。次の「あいたい気持ち」では静かに、抑えめの歌唱が冴えています。さらに「愛がね、愛してた」では、歌う前に「好きで好きで仕方がないんだけど、その好きという気持ちが愛に変わってしまって、でもその気持ちはかなわない。そんなせつないラブソングをお届けしたいと思います」と語り、その言葉通り、あふれんばかりの恋心を歌い上げるバラードを披露しました。

ラストは、東日本大震災が起きたときに書いたという「空に笑う」。まるで祈りを込めるように、切実な歌声をじっくりと聴かせて、ライブは終了。村上さんの歌声に包まれていくような、その実力の高さを存分に感じさせるライブでした。


左から村上佳佑さん、ライブアテンダントの堤友香

Set List
1.まもりたい~この両手の中~
2.元気を出して
3.Palace
4.Nothing But You
5.美しい人
6.あいたい気持ち
7.愛がね、愛してた
8.空に笑う


次回11月10日(土)の放送は、Reiさんのライブをお届けします。お楽しみに!

この日のライブの模様は「radikoタイムフリー」で聴くことができます(1週間限定)。フロアの熱気をぜひ体感してみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年11月11日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:KIRIN BEER“Good Luck”LIVE
放送日時:毎週土曜16:00~16:55
ライブアテンダント:堤友香
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/live/

あなたにおすすめ